仮面ライダーレーザーターボ バイクゲーマー レベル0

【ライダー名】 仮面ライダーレーザーターボ バイクゲーマー レベル0
【読み方】 かめんらいだーれーざーたーぼ ばいくげーまー れべるぜろ
【変身者】 九条貴利矢
【スペック】 パンチ力:23t
キック力:29t
ジャンプ力:ひと跳び52.1m
走力:100mを2.1秒
【ジャンル】 レースゲーム
【別形態】 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル1
【強化形態】 仮面ライダーレーザーターボ プロトスポーツバイクゲーマー レベル0
仮面ライダーレーザーターボ プロトコンバットバイクゲーマー レベル0
【声/俳優】 不明
【スーツ】 藤田慧
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2017年)
【初登場話】 第34話「果たされしrebirth!」

【詳細】

檀正宗の手によって復活した九条貴利矢がゲーマドライバーと「爆走バイク」のガシャットを使うことで変身したレーザーの亜種形態。
仮面ライダークロノスの左腕として生み出され、ゲンムのレベル0の能力をコピーしていることでバグスターウイルスの抑制能力を持つ。

変身コールは「ゼロ速!」。変身音声は「爆走バイク」の部分のみ。

レーザーレベル3などと同等に人型で、スーツは 他の仮面ライダーのレベル2 と同じ状態である。
スペックはゲンム(レベル0)と同様、他のレベルより上である。

【身体機能】

LZTヘッド-BIK0 となった頭部は、動体センサーが組み込まれた シグナリアクトスパイク と呼ばれる頭部スパイクを持ち、
爆走バイクのプレイヤーキャラクターをイメージした スパイクライドヘルム によって保護される。

全身には ターボギアスーツ を纏い、変身者の動作を補助、強化することで常人離れした身体能力を発揮する。

また、このスーツは運動速度とパワーを重視した調整が施されており、敵に反撃を与えず、猛攻を加えることが可能。
更にアルファ版限定の試作機能が移植されており、特殊なゲームエリア「アンチバグスターエリア」を形成し、バグスターウイルスの活動を抑制することが可能。

ゲインライザーを搭載した LZTグロウスアーム は各動作のパワーと精度が高められており、
専用武器であるガシャコンスパローを利用した急所攻撃に秀でた調整が行われている。
両足の LZTグロウスレッグ は瞬発力に優れ、高速ステップを利用したフェイント攻撃や回転攻撃を繰り出す。

ガシャコンウェポンは「ガシャコンスパロー」。

更にプロトガシャットを使用して強化することもできる。

【活躍】

檀正宗がプロト爆走バイクガシャットから実体化した九条貴利矢が変身する。
登場した34話では変身者が明かされていなかったが、続く35話で判明した。

ゾンビゲーマーにベルトを腐食されたため、エグゼイドは受け継いでいたレーザーのドライバーを使って今まで戦っていたが、
ブレイブレベル50に敗れた際に回収されており、そのベルトを使って変身を行っている(復活直後はバグスター化した檀黎斗と同様に記憶のない状態であったと思われる)。

クロノスの左腕として立ち回り、パラドクスレベル99、グレングラファイトバグスターがクロノス対策として打ち込んだゲムデウスのウイルスを抑制、
彼らを強襲し、変身解除に追い込んでいる。

第36話で全ては奪われたプロトガシャットを取り返す作戦であり、永夢には事前に伝えていた。
プロトガシャット奪還後はCRのメンバーとしてライダーに変身している(そのため、次回予告に脱落後に消えたレベル1が復活した)。

【余談】

レーザーターボのスーツは、レーザーレベル5の頭部とゲンム(レベル0)の頭部以外の全身を合わせたものの改造と思われる。
そのため、以後のゲンムは ゾンビアクションゲーマー へと変身している。