仮面ライダーパラドクス パーフェクトノックアウトゲーマー レベル99

「マザルアップ! 赤い拳強さ!青いパズル連鎖! 赤と青の交差! PERFECT KNOCKOUT(パーフェクトノックアウト)!」

【ライダー名】 仮面ライダーパラドクス パーフェクトノックアウトゲーマー レベル99
【読み方】 かめんらいだーぱらどくす ぱーふぇくとのっくあうとげーまー れべるないてぃないん
【変身者】 パラド
【スペック】 パンチ力:90.4t
キック力:94.4t
ジャンプ力:ひと跳び92.6m
走力:100mを1.2秒
【ジャンル】 パズルゲーム+格闘ゲーム
【デュアルアップ】 仮面ライダーパラドクス パズルゲーマー レベル50
仮面ライダーパラドクス ファイターゲーマー レベル50
【声/俳優】 甲斐翔真
【スーツ】 岡田和也
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2017年)
【初登場話】 第29話「We’re 俺!?」
【テーマソング】 Real Game

【詳細】

パラドがダイヤルを動かしていないガシャットギアデュアルをゲーマドライバーにセットしアクチュエーションレバーを展開、
2つのゲームを混ぜることでマザルアップ(レベルアップ)した超強化形態。

右半身はファイターゲーマー、左半身がパズルゲーマーの機能を持っており、戦闘においてはそれらの能力を混ぜることでレベル99に恥じない圧倒的戦戦闘力を発揮する。
初変身となる第29話では宝生永夢に感染しているバグスター本人だと正式に明かされ、ゲーマーMとは本来はパラド自身であったことも判明した。

変身にはガシャットギアデュアルだけでは不可能でゲーマドライバーを使う必要があるが、ドライバーは人間用に作られているためバグスターは使用できない。
パラドはそのことを永夢を挑発しマキシマムマイティXガシャットのリプログラミング能力を使わせることで人間の遺伝子を得て克服。
これによってドライバーが使用可能になり、消滅したゲンムが遺したゲーマドライバーを使って永夢と同様に「マックス大変身」することでついにレベル99に到達した。

増加アーマーを纏うエグゼイドに比べると身体スペックでは若干劣るものの、専用武器であるガシャコンパラブレイガンの存在と、
パズルゲーマーの能力でエナジーアイテムを操作し恩恵を受けることでいくらでもその差を覆すことが可能。

【各部機能】

PDヘッド-PK99 は「パーフェクトパズル」と[「ノックアウトファイター」の登場キャラを混ぜたようなデザインの マザライドヘアー によって保護され、
右目の レッドアイライトスコープ はハイスピードカメラ並みの撮影機能と夜間戦闘用の発光装置を内蔵。また敵の攻撃予備動作を捉え的確な反撃を行うことを可能とする。
左目の ブルーアイライトスコープ は敵の装備やスーツの構造、状態を分析して脆いポイントを見つけ出し、ピンポイントに攻撃出来る。
口元にある シャットハイガード は頭部を保護する装甲であると同時に、激しい戦闘で生じた熱を吸収して稼働エネルギーに転換する機能を有する。

右肩の ファイライトショルダー はマテリアバーナーを内蔵し、爆発を伴う格闘攻撃を行うことを可能にする。
また左肩の パズレフトショルダー はマテリアコントローラーが仕込まれ、周囲のエナジーアイテムを自在に操り複数のアイテムを組み合わせることで新たな効果を生み出す。
パズルゲーマーでは文字通りアイテムをパズルのように操作してから効果を取得していたが、
レベル99になったことでどうやら任意のアイテムを直接選び取って使用することが可能になったようだ。

全身を包む ミクスギアスーツ は攻撃力と防御力、反応速度を重視し、高速かつ細かい動作を得意とする PDグロウスアーム
瞬発力に優れた PDグロウスレッグ により軽快なフットワークからの連続技を叩き込むことが出来る。

パンチの衝撃を装甲内部に伝えるダメージインパルサーを内蔵した スマッシュコンボグローブスマッシュコンボシューズ により対ライダー戦闘において高い効果を発揮。
パーフェクトノックアウト、「PK=プレイヤーキラー」とも受け取れるフォーム名が如く、ゲームエリアを有効に使い仮面ライダーを撃破することに特化した戦闘能力を獲得している。

必殺技はガシャコンパラブレイガンを使った「ノックアウトクリティカルフィニッシュ」(アックスモード)と「パーフェクトクリティカルフィニッシュ」(ガンモード)、
ガシャットギアデュアルを用いて発動した「パーフェクトノックアウトクリティカルボンバー」。
更にマイティブラザーズXXのガシャットとガシャコンパラブレイガンを使って発動する分身能力もある。

【活躍】

初登場となる第29話ではレベル50のスナイプとブレイブを圧倒。
マテリアコントローラーでエナジーアイテムを操作し、強化した必殺技で両ライダーを変身解除に追い込んだ。

そしてエグゼイドレベル99のマキシマムマイティクリティカルブレイクを必殺技で打ち破り、変身を解除した永夢の身体を乗っ取ってドクター達の前から去っていった。
だが、復活した檀黎斗(新檀黎斗)が変身するゲンムレベル0の力で、阻止されて永夢と最後の戦いをいつかすることを宣言して消える。

その後、エグゼイドレベル99などとゲームに興じるが、仮面ライダークロニクル最強のライダー、仮面ライダークロノスの降臨で、耐えがたい恐怖を感じることとなった。
クロノスへの恐怖を背負ったまま、戦いを続けた結果、悪夢を見るようになり、
第39話でエグゼイドムテキゲーマーとの戦いに敗れて 消滅する という末路を迎える。

実はこれまでのパラドの非道な行いにご立腹だった永夢が消滅させることで、人間が味わった恐怖を体験させ、改心を狙ったもの。
実際は消滅直前に一部のデータを取り込んでおり、レベルXXとなることで取り込んでいたパラドの部分を分離した。

この行いがパラドを改心させる結果となり、仮面ライダークロノスをエグゼイドムテキゲーマーとの超強力プレイで戦い、仮面ライダークロノスを完全撃破するのだった。