仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99

「レベルマックス! 最大級のパワフルボディ! ダリラガン! ダゴズバン! マキシマムパワー!X(エックス)!」

【ライダー名】 仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99
【読み方】 かめんらいだーえぐぜいど まきしまむげーまー れべるないんてぃないん
【変身者】 宝生永夢
【スペック】 パンチ力:99t
キック力:99t
ジャンプ力:ひと跳び99m
走力:100mを0.99秒
【ジャンル】 不明
【基本形態】 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル1
【声/俳優】 飯島寛騎
【スーツ】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2017年)
【初登場話】 第23話「極限のdead or alive!」

【詳細】

「マキシマムマイティX」のガシャットを装填した状態で最大レベルまでレベルアップしたエグゼイドの超強化形態。

特殊強化ガシャットで変身するだけあって変身手順もこれまでのものと比べると異質で、
まずガシャットをゲーマドライバーに挿してレバーを展開、アクションゲーマーレベル2に似た姿に変身すると同時に頭上にエグゼイドの顔面を象った巨大アーマーを召喚(この状態でもマキシマムマイティ専用の待機音が流れている)、
更にドライバーのガシャットを上部の アーマライドスイッチ を押すことでエグゼイドが マキシマムゲーマ というアーマー内に突入、またはアーマーの方がエグゼイドに装着される形で四肢が実体化して変身が完了する。
変身時は「マックス大変身!」とコールする。

その変身プロセスから外見は一言で言うとレベル2のエグゼイドが首から下に自分の顔を模した巨大なパワードスーツを着こなした状態。
レベルマックス=レベル99という位置付けから驚異的な戦闘パワーを発揮できる(分かりやすく走力や跳躍力などのスペックも99のゾロ目で揃えられている)が、
この形態の最大の特長はガシャット自身の開発過程でインストールされてる「リプログラミング」シテスムにある。攻撃した相手の状態を「リプログラミング」、つまり強引に「再構成」することにより相手とのパワーバランスを崩壊、または相手の戦闘システムを根本的に破壊することが可能。

初登場では「ライフの概念を捨てて不死と化したゾンビゲーマーのゲンムにライフ機能を復旧させて不死性を無効化させる」、「仮面ライダーの変身資格者が体内に保持している筈のウィルスを除去させることで檀黎斗がゲンムに変身する能力そのものを没収する」などの効果を発揮していて、バグスターだけでなく対仮面ライダー戦においても驚異な力を持つと言える。

一応、マキシマムゲーマと分離しても、レベル2と同じ状態でもマキシマムマイティガシャットXを外さなければレベル99は維持できる。

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』では「巨大化」のエナジーアイテムの効果でキュウレンオーと同等の大きさとなった。
『仮面戦隊ゴライダー』でも変身しており、飛行能力を披露している。

必殺技はキック技の「マキシマムクリティカルブレイク」、武器用の「マキシマムマイティクリティカルフィニッシュ」。

【余談】

スペックは全て99という数字で統一されており、互角なライダーは仮面ライダークウガ アルティメットフォームぐらいである。