仮面ライダーサイガ

「Let the game begin」

【ライダー名】 仮面ライダーサイガ
【読み方】 かめんらいだーさいが
【変身者】 レオ
【変身者の条件】 オルフェノク
【スペック】 パンチ力:3.5t
キック力:8t
ジャンプ力:ひと跳び40m
走力:100mを5.5秒
【登場作品】 仮面ライダー555(2003年)
仮面ライダーディケイド(2009年)

【詳細】

帝王のベルトの一つ、天のベルト「サイガドライバー」を用いてレオが変身するライダー。

サイガギアに含まれるベルト及び携帯電話型ジェネレーターはファイズと同様の形状だが、
生成するフォトンブラッドはカイザを超える出力を示す 青色 で高い身体能力と高出力なフォトンブラッドを利用した「フライングアタッカー」と呼ばれる専用の飛行ユニットがある。

フライングアタッカーは時速800kmでの高速飛行が可能で、
直線的な飛行はもとより、曲芸的な自在な空戦能力を使用者に与える。

ベルト後部のハードポイントに接続、そこからサイガドライバーが生成する高出力フォトンブラッドの供給を受けることで稼働しており、
余剰エネルギーをアタッカーの一部を変形させ、ブラスターモードとし銃口から高速発射する射撃能力も備える。

この装備によって誰も届かないような高空から相手を一方的に倒す戦いが可能で、相手を掴んでから空へ飛び上がり頭から地面に落下させると言う戦法を得意とする。

ファイズアクセルフォームにスピードで負けてフライングアタッカーを破壊された後、
操縦桿を引き抜いたトンファーモードを使って格闘戦を挑み、フォトンブラッドをチャージして放つ「サイガスラッシュ」を披露した。

設定上、高空から放つ必殺パンチ「スカイインパクト」と必殺キック「コバルトスマッシュ」もあるが劇中未使用。
どちらもアイテムを使う必要はないらしい。

【活躍】

『パラダイス・ロスト』にて登場。

飛行能力があり、カイザを苦しめて死に誘った。

最終決戦ではファイズアクセルフォームとの戦いで、フライングアタッカーを破損して飛べなくなる。

その後、トンファーエッジでの戦闘に移り、ファイズのファイズエッジとせめぎ合いを続けるが、
必殺技の打ち合いの際に一瞬の隙をつかれて、腹辺りからファイズの必殺技で斬られてしまい、サイガスーツと共に灰化するという形で倒された。