仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルXX L

「ダブルアップ! 俺がお前で! お前が俺で! マイティマイティブラザーズXX!」

【ライダー名】 仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルXX L
【読み方】 かめんらいだーえぐぜいど だぶるあくしょんげーまー れべるだぶるえっくす える(れふと)
【変身者】 宝生永夢
【スペック】 パンチ力:32.3t
キック力:40.6t
ジャンプ力:ひと跳び66m
走力:100mを2秒
【ジャンル】 ツインアクションゲーム
【基本形態】 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル1
【初期形態】 仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルX
【声/俳優】 飯島寛騎
【スーツ】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー(2016年)
仮面ライダーエグゼイド(2017年)
【初登場話】 第13話「定められたDestiny」

【詳細】

「マイティブラザーズXX」のガシャットを装填した状態でレベルXからレベルアップ(ダブルアップ)したエグゼイドの特殊強化形態。

医者としての「永夢」の人格が強く現れており、一人称は「僕」。
オレンジと青緑のツートンカラーで、こちらは青緑色が前面に押し出されている。

グリーンライドヘアー が特徴的な EXヘッド-DOU-XX/L に備わる バトルコミュニケーター により、レベルXX Rと思考を共有し、
複雑な連携戦闘を実現する。
コープバトルゴーグル で相方の視界データを共有することで状況をリアルタイムで把握することも可能。

全身が D-アクションギアスーツ に置き換わり、変身者の動作を補助、強化することで常人離れした身体能力を発揮する。
このスーツは運動能力と反応速度を重視した調整が加えられており、装着者の技量がそのまま戦闘力に反映され、
Lと同時攻撃を成功させることで数秒間だけ全能力が通常時の2倍に増幅する能力を持つ。

胸部の D-メックライフガード で保護されたライダーゲージはレベルXXに強化されたことで耐久力と体力が底上げされ、通常時の3倍、3本のゲージを持つに至った。

レベルX時の頭部を模した L-フェイスアンブレイカー はシールド発生装置であり、目には見えない特殊な光線バリアを発生させ敵の侵入、及び攻撃を防ぐことが出来る。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』ではアクションゲーマー レベル2が分裂する形で登場する。
変身時は優れた連携でゲノムスを一方的に撃破したものの、変身が解けるとその時の記憶は無く、融合したガシャットも分離してしまった。

マイティブラザーズXXガシャットは両スロットを占有しており、何らかの力に覚醒した宝生永夢が人格を分ける形で操っている。
本来のガシャットはパラドが使用するためのガシャットの試作型だったようで、常人が使用すれば即死に至るほどの大量のバグスターウイルスが充填されている。
だがすでにゲーム病に感染していた上に、最も初期のバグスターウイルスの感染者である宝生永夢はそれに耐えたばかりか、自身の遺伝子情報の書き換えを行ってゲームマスターであるゲンムすら知らない新たなゲームを生み出した。

ガシャコンウェポンはガシャコンキースラッシャー。
武器は召喚はできず、使うにはレベルXX Rから借り受けなければならないため。ガシャコンブレイカーを呼び出し戦闘に用いることもある。

必殺技はアクチュエーションレバーを動かし、強撃破砕システムを起動することで発動する「マイティダブルクリティカルストライク」。
レベルXX Rと連携し全くの同時攻撃を連発し相手を撃破する。
第29話では「マキシマムマイティクリティカルフィニッシュ」を発動している。

【余談】

『平成仮面ライダーシリーズ』では分身という形でライダーが複数に増えたり、特殊なアイテムを使って分裂したりすることはあったが、このライダーが初めて新たなフォームとして正式に認められたライダーである。