仮面ライダーイクサ セーブモード

【ライダー名】 仮面ライダーイクサ セーブモード
【読み方】 かめんらいだーいくさ せーぶもーど
【変身者】 (主に)名護啓介
紅音也(過去編)
【スペック】 パンチ力:4.2t
キック力:1.8t
ジャンプ力:ひと跳び18m
走力:100mを9.6秒
【モードチェンジ】 仮面ライダーイクサ バーストモード
【最強フォーム】 仮面ライダーライジングイクサ
【登場作品】 仮面ライダーキバ(2008年)
【初登場話】 第9話「交響・イクサ・フィストオン」

【詳細】

「素晴らしき青空の会」が軍事用パワードスーツを元に開発した強化装甲服。
イクサという名前は「未知なる脅威に対する迎撃戦士システム」を表す「Intercept X Attacker」の略称であり、このXに相当するものはファンガイアのことである。

麻生ゆりの母親、麻生茜が開発に携わっており、青空の会会長の嶋護が自身のコネクションと莫大な私財を投じて完成させた。
元は軍事用のパワードスーツ故に魔力ではなく電気エネルギーをパワーソースとしつつも、胸部の ソルミラー 内部に収められた イクサエンジン と呼ばれる動力システムは、
そのパワーを数百倍にも増幅し、装着者にファンガイアを凌駕する戦闘力を与える。

だが、それ相応に装着者には負担を強いる上に、まだシステムが未熟であった過去編においてはそのリジェクションが凄まじく、
一度システムが限界を迎えてしまうと、たとえ異種族の者が装着していたとしても昏倒してしまうほど莫大な負担が発生していた。

イクサエンジンは莫大なエネルギーを生む反面、生成する熱エネルギー量も凄まじいため、
ソルミラー中央の鏡の周囲を開口することで放熱ブロックとし、効率よく冷却を行っている。

イクサエンジンの運用に関してはソルミラーの上下左右に十字配置されたインジケーターがエネルギーの流動レベルを示しており、
表示がグリーンよりもレッドの方が多くのエネルギーが放出されている事を表している。
これに関しては「身体の中央ラインに配置されるインジケーターが赤、左右のインジケーターが緑」の状態が理想的なエネルギー配分とされている。

必殺技発動時にはエンジンが臨界状態となり最大出力を放出、これによりソルミラー中央に太陽の紋章が浮かび上がった状態となる。
極めて危険な状態とされているが、あえてこの状態を引き出した必殺技は一撃でファンガイアを撃破するに足る攻撃力を生み出すため、熟練した装着者は臨界状態であってもそのエネルギーを攻撃に転用し必殺の技としている。

パワーニーユニットスーパーアブソーバーハンディング・グラブUSM(ウルティメットサーボモーターシステム) には電気信号で稼働する、
マッスルファイバーと呼ばれる人工筋肉繊維を内蔵しており、小型のハイパワーモーターと相まって装着者に常人を遥かに超える身体能力を与えることが出来る。
だが、常に全身を高圧電流が覆っている状態であるため、肩等に デルタアース と呼ばれる空中放電アースを組み込み、ボディにかかる負担を軽減している。

また、両肩に備えたソルフラッシャーは300万カンデラもの強烈なフラッシングを引き起こすスタングレネードフラッシュ装置であり、
常人が直視すれば一発で失明に及ぶほどの強烈なフラッシングは、光を嫌うファンガイアにとっても極めて有効。
この部位は平常時は黄色、危険な状態になると赤く点滅を行うなどイクサシステムのコンディショナルシグナルとしての役割も併せ持つ。

動力関係はソルミラーに、イクサを運用するシステムやプログラム制御はデバイスであるイクサナックルに集約されており、
イクサエンジンはブラックボックスとかしていたが、イクサナックルのマザーボードやCPUをアップデートすることで改修が繰り返され、開発当初はセーブモードでしか戦えなかったが、
後にバーストモードへのモードチェンジや、ライジングイクサへのパワーアップを成し遂げた。

このセーブモードは変身直後に起こる急激なエネルギーの流入からスーツを守るための状態であり、
特に精密機械の集中する頭部を外的衝撃から保護するためクロスシールドを固く閉じた状態にしている。
過去編ではこの状態を「プロトイクサ」と呼称していた。
この状態ではイクサエンジンの出力を約60%程度に抑えているため、戦闘力で言えば一番低い。

また、脚力を中心に強化するキバと異なり、腕力を強化するのがこのシステムの特徴。

現代編では即バーストモードに移行するのでこの形態では必殺技を使わないが、過去編におけるプロトイクサは唯一装備されているナックルフエッスルをイクサナックルにリードさせて発動する「ブロウクン・ファング」を必殺技としている。