仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム

「クウガ、アギト、リュウキ、ファイズ、ブレイド、ヒビキ、カブト、デンオウ、キバ、ファイナルカメンライド・ディケイド!」

【ライダー名】 仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
【読み方】 かめんらいだーでぃけいど こんぷりーとふぉーむ
【変身者】 門矢士
【スペック】 パンチ力:12t
キック力:16t
ジャンプ力:ひと跳び50m
走力:100mを4秒
【基本フォーム】 仮面ライダーディケイド
【最強フォーム】 仮面ライダーディケイド 最強コンプリートフォーム
【登場作品】 仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場話】 第21話「歩く完全ライダー図鑑」
【テーマソング】 Ride the Wind
Treasure Sniper

【詳細】

門矢士が9つの世界の旅を終え、全てのライダーの力を取り戻したことで変身したディケイドの本来の姿と言われる最強形態。
ネガの世界で手に入れたケータッチにカードを挿入し、9つの紋章に似せたボタンをクウガからキバまで一つずつ押すことでファイナルカメンライドして変身を完了させる。

胸部の ヒストリーオーメント にはカメンライドできる9枚のライダーカードが通常形態でセットされており、
ケータッチ と連動させて、ライダー最強形態(あるいはライダー最終形態)へとカードが統一される。

基本形態の数倍の身体能力、平成ライダーの最強フォームを召喚する力があり、
同時に発動するファイナルアタックライドの攻撃力は非常に高い。

「カメンライド」により他の平成ライダーへ変身し、「フォームライド」でフォームチェンジもこなし、個々の能力も「アタックライド」で再現し、「ファイナルアタックライド」によりそれぞれの個別必殺技も再現可能だったディケイドが最強フォームの力も操れるようになったことで、その力は計り知れない。

各平成最強ライダーと同時に発動させる必殺技の他に、単独で「ファイナルアタックライド ディケイド」のカードを用いることで「強化ディメンションキック」を放つ。
MOVIE大戦2010のパイロット予告及びディレクターズカット版では ヒストリーオーメント が全てディケイドのカードになっている個体が登場。

【活躍】

第21話から登場。

強化変身することで最強形態ライダーを召喚することができ、敵を倒す。
現在はライナーフォームのように不発に終わったものもある。