仮面ライダーエグゼイド ロボットアクションゲーマー レベル3

「レベルアップ! マイティジャンプ! マイティキック! マイティ!マイティアクションX!
アガッチャ! ぶっ飛ばせ!突撃!ゲキトツパンチ!ゲキトツロボッツ!」

【ライダー名】 仮面ライダーエグゼイド ロボットアクションゲーマー レベル3
【読み方】 かめんらいだーえぐぜいど ろぼっとあくしょんげーまー れべるすりー
【変身者】 宝生永夢
【スペック】 パンチ力:57t(強化アーム使用時)
キック力:14.3t
ジャンプ力:ひと跳び39.3m
走力:100mを4秒
【ジャンル】 SFロボバトルゲーム
【初期形態】 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル1
【レベルアップ】 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2
【声/俳優】 飯島寛騎
【スーツ】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2016年)
【初登場話】 第5話「全員集結、激突Crash!」

【詳細】

エグゼイドがゲーマドライバーの左スロットにゲキトツロボッツガシャットをセットし、さらにレベルアップした強化形態。
変身時は「大・大・大変身」とコールする。

ゲキトツロボッツガシャットの登場キャラクターを模したロボットゲーマを上半身に纏うことで装甲とパワーをより強化。
凄まじい力を持つゲンムのレベル3を圧倒するだけの強大なパワーを有する。

頭部は赤い装甲とV字の角が追加された EXヘッド-RO-ACT3 へと強化。
レベル2と同様の機能を持ちつつ、 レッドガードバイザー と呼ばれる増加装甲により高度な衝撃吸収能力を持つ。
シグナリアクトアンテナ は索敵機能を持つ他、射出した強化アームの軌道をコントロールする。

胸部のエクスコントローラーを覆い隠す胸部装甲はゲインライザーの制御プログラムを書き換え攻撃力を飛躍的に向上させる レイドアクチュエーター と、
同じくゲインライザーを書き換え防御力を向上させる ガードアクチュエーター にとなっている。
これによりレベル2を上回る攻撃力と防御力を発揮。

強化された攻撃力は両肩の パワーメックショルダー に内蔵されるパワーアシスト機能を通して格闘攻撃の強化として現れ、
ひときわ目を引く右腕の強化アーム、 ゲキトツスマッシャー はエグゼイドのパンチを内部アームで受け止め、その衝撃を10倍にして敵に叩きつける。
また、小型ロケットブースターを備え、ロケットパンチとして発射することも可能。最大握力は50t。

必殺技はゲキトツロボッツガシャットをキメワザスロットホルダーにセットし、ゲキトツスマッシャーをロケットパンチの様に放ち、攻撃を発動する「ゲキトツクリティカルストライク」。