仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー レベル1

「レッツゲーム! メッチャゲーム! ムッチャゲーム! ワッチャネーム!? アイム ア カメンライダー!」

【ライダー名】 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー レベル1
【読み方】 かめんらいだーすないぷ しゅーてぃんぐげーまー れべるわん
【変身者】 花家大我
【スペック】 パンチ力:7.7t
キック力:11.5t
ジャンプ力:ひと跳び30.5m
走力:100mを7.6秒
【ジャンル】 ガンシューティングゲーム
【レベルアップ】 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー レベル2
仮面ライダースナイプ コンバットシューティングゲーマー レベル3
仮面ライダースナイプ ハンターシューティングゲーマー レベル5(ドラゴンガン)
仮面ライダースナイプ ハンターシューティングゲーマー レベル5(フルドラゴン)
仮面ライダースナイプ シミュレーションゲーマー レベル50
【特殊レベル】 仮面ライダースナイプ ゼビウスシューティングゲーマー
【声/俳優】 松本享恭
【スーツ】 藤田慧
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2016年)
【初登場話】 第3話「BANしたあいつがやってくる!」

【詳細】

闇ドクター、花家大我がゲーマドライバーと「バンバンシューティング」のガシャットを使うことで変身したスナイプのレベル1。

ゆるキャラを彷彿とさせるまさかの2等身ボディだが、患者の肉体からバグスターウイルスを分離させるにはこの姿でないと不可能。
全身を覆うエントリーギアスーツはガンマンをイメージしている。

モチーフとなっているガンシューティングのキャラらしく、銃を用いた戦闘が得意。

バンバンシューティングの自機キャラをモチーフにした SNヘッド-STG1 は索敵センサーを内蔵した スニークライドメット で保護され、
その特徴的な右目を覆う ヒットライドヘアー は各部のセンサーとガシャコンマグナムの照準システムを同期させることで精密射撃を補佐する役割を持つ。

専用武器は「ガシャコンマグナム(ハンドガンモード)」。
時には巨大な弾丸の姿になって自身がダメージを負うという無鉄砲な体当たりを仕掛ける。

5年前の戦いでは色が若干違うプロトシューティングゲーマーが存在していた。
ゲーマドライバーのアクチュエーションレバーを展開することでエントリーギアスーツを切り離し細身となったレベル2に移行する。