仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー レベル2

「レベルアップ! タドルメグル!タドルメグル! タドルクエスト!」

【ライダー名】 仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー レベル2
【読み方】 かめんらいだーぶれいぶ くえすとげーまー れべるつー
【変身者】 鏡飛彩
【スペック】 パンチ力:7.5t
キック力:13.5t
ジャンプ力:ひと跳び32.7m
走力:100mを4.2秒
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム
【初期形態】 仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー レベル1
【レベルアップ】 仮面ライダーブレイブ ビートクエストゲーマー レベル3
仮面ライダーブレイブ サファリクエストゲーマー レベル4
仮面ライダーブレイブ ハンタークエストゲーマー レベル5(ドラゴンブレード)
仮面ライダーブレイブ ハンタークエストゲーマー レベル5(フルドラゴン)
仮面ライダーブレイブ ファンタジーゲーマー レベル50
【声/俳優】 瀬戸利樹
【スーツ】 渡辺淳
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2016年)
【初登場話】 第2話「天才二人は no thank you?」

【詳細】

ブレイブがゲーマドライバーのアクチュエーションレバーを展開することでレベルアップした第2形態。
レベルアップの際には「術式レベル2」と発声してからレバー操作を行う。

レベル1に比べ細身となったことで約30kgほど軽量化。敏捷性が向上したが、その反面攻撃力は低下した。

タドルクエストの主人公キャラをイメージした頭部、 BRヘッド-QST2 は対瀑メタルコーティング剤が塗布された ガードライドヘルム によって守られており、
リアクトシグナルアイライトスコープ はエグゼイドと同様の機能を持つ。

エントリーギアスーツを切り離し、全身が クエストギアスーツ に置き換わることで変身者の動作を補助、強化し常人離れした身体能力を発揮する。
BRグロウスアーム は剣をメインウエポンとするブレイブ用に ゲインライザー の調整が行われ、腕力を高めることで斬撃の威力を増大させる他、
クエストギアスーツは接近戦を行うために防御力重視の調整が施され、敵の攻撃を耐えつつ接近戦を行える距離まで近づけるよう設計されている。

両肩は アームドアンブレイカー と呼ばれる装甲に守られ、全身を覆うように装甲強化剤を噴射して一定時間防御力を強化、
スパイクを利用したショルダーチャージにより敵の装甲を突き破る攻撃も行える。

専用武器は炎と氷の力を切り替えて使い分ける剣「ガシャコンソード」(初登場時は所持しておらず、ゲームエリアのアイテム「伝説の剣」が変化した)。
更に小型の盾「 リヴァーサルシールド 」を片手に装着する。
このシールドは防御面積こそ小さいがあらゆる攻撃を受け止め、ライダーゲージ2本分のダメージを無効化するほど堅牢。
タイミング良く敵の攻撃を受け止めることで、跳ね返すことも可能。

必殺技は武器を使用して2種類属性攻撃を切り替えながら相手を斬り続ける「タドルクリティカルフィニッシュ」。
また、キック技として「タドルクリティカルストライク」を使用する。