仮面ライダー響鬼紅

「響鬼、紅(くれない)」

【ライダー名】 仮面ライダー響鬼紅
【読み方】 かめんらいだーひびきくれない
【変身者】 ヒビキ
【スペック】 パンチ力:最大8000貫(約30t)
キック力:最大1333貫(約50t)
ジャンプ力:ひと跳び49.5間(約90m)
走力:100mを2秒
【基本フォーム】 仮面ライダー響鬼
【最強フォーム】 仮面ライダー装甲響鬼
【登場作品】 仮面ライダー響鬼(2005年)
仮面ライダーウィザード(2013年)
【初登場】 第24話「燃える紅」

【詳細】

仮面ライダー響鬼の持つ炎の気を最大限まで高めることで変身する強化形態。

夏に出現する等身大魔化魍に対抗するための姿で、全身の筋肉を極限まで酷使するため、変身時間は 1時間 が限度。
また、変身するには集中的に山篭りして鍛えなおさないとならないという夏限定の形態。

鍛え方が不十分だと両腕の一部のみが 赤くなった中途半端な姿 になるが、
その状態でも攻撃力は飛躍的に向上する。

身体能力の大幅な強化と共に、音撃に炎をプラスすることで威力を強化することが可能。
「音撃打・灼熱真紅の型」は音撃棒を叩き込んだ相手に炎の音撃鼓を作り出し、一撃で粉砕する必殺技。
更に巨大な魔化魍相手には普通に音撃鼓を取り付けて清めの音を叩き込む「音撃打・爆裂真紅の型」を使用する。

強化形態で このスペック ははっきり言って異常の度合いである。
並みの平成ライダーの最強形態も凌駕する身体能力で、
機械の助けを借りるわけでもなく人間のままでこの力を発揮するというのは ある意味恐ろしいレベルの話 である。

二段階変身を可能にしている鬼は響鬼が唯一。