仮面ライダーネクロム

「クラッシュ・ザ・インベーダー!」

【ライダー名】 仮面ライダーネクロム
【読み方】 かめんらいだーねくろむ
【変身者】 アラン
【スペック】 パンチ力:15.1t
キック力:17.4t
ジャンプ力:ひと跳び47.8m
走力:100mを3.7秒
【素体形態】 仮面ライダーネクロム トランジェント
【ゴーストチェンジ】 仮面ライダーネクロム グリム魂
仮面ライダーネクロム サンゾウ魂
【声/俳優】 磯村勇斗
【スーツ】 永徳
【登場作品】 仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス(2015年)
仮面ライダーゴースト(2016年)
【初登場話】 第16話「完璧!白い仮面ライダー!」

【詳細】

アランが左腕に装着したメガウルオウダーにネクロムゴースト眼魂をセットして変身するネクロムの基本形態。
戦闘力はゴーストとスペクターを上回る。

専用武器は「ガンガンキャッチャー」(初期は制限がかかっており、使用できなかったが、37話で制限を課していた軛が解けたため、使用できるようになった)

頭部名称は ペルソナインベーター となり、頭部の スゥイープホーン から命令を発して周囲にいる眼魔コマンドと場所を入れ替える能力を持つ。

全身の装甲は クァンタムリキッド と呼ばれる液体金属で構成されており、 アドミニスターバックル の機能により肉体を液状化することで物理攻撃を無効化できる。
エネルギー消費が激しいため ブレストクレスト を通して眼魔コマンドを吸収しエネルギーとすることが可能。

エネルギーは両肩に備わる ストレージショルダー に蓄積され、 ベイパーベッセル を通して全身に供給される。
緑色のスリットから気化したエネルギーを放出し、全身を包む強化フィールドを形成。
時間経過とともに強化度合いは上昇していき、最大2倍の能力を発揮できるようになる。

だが、これらの能力は22話でアランが生身の肉体に戻ったことで多くは使えなくなり、頻繁にエネルギー切れが起きるため短時間しか戦えなくなってしまった。
他の2人と同様にゴースト眼魂に認められない限り、ゴーストチェンジも使用不可になる。

30話ではアランがフミ婆の死を乗り越えたことで、エネルギー切れを克服した。
恐らく強く確固たる意志を持つに至ったことでブレストクレストが生み出すエネルギーが向上したことが要因と思われるが詳細は不明。

また、全エネルギーを開放することで使用者自身も消滅する「究極の必殺技」なるものが存在するようだが、
現在の生身のアランでは使えば完全に死亡してしまうため使えない状態になっている。

必殺技はキックを放つ「ネクロム デストロイ」(他形態でも名称は共通)。

【余談】

『超MOVIE大戦ジェネシス』では謎の仮面ライダーという名称で先行登場。
名称の由来は邪聖剣ネクロマンサー(ネクロマンサー)。