仮面ライダーナックル ジンバーマロンアームズ

「ミックス! クルミアームズ!ミスター・ナックルマン! ジンバーマロン!ハハーッ!」

【ライダー名】 仮面ライダーナックル ジンバーマロンアームズ
【読み方】 かめんらいだーなっくる じんばーまろんあーむず
【変身者】 ザック
【モチーフ】 西洋+栗
【鎧カラー】
【スペック】 パンチ力:t
キック力:t
ジャンプ力:ひと跳びm
走力:100mを秒
【基本形態】 仮面ライダーナックル クルミアームズ
【声/俳優】 松田岳
【スーツアクター】 佐藤太輔
【登場作品】 鎧武外伝 仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックル(2015年)

【詳細】

ロックシードとエナジーロックシードの同時使用によって変身するナックルの強化形態。
ザックがクルミロックシードをセットした戦極ドライバーにゲネシスコアを装着し、
そのゲネシスコアにマロンエナジーロックシードをセットすることで変身する。

鎧武ジンバーアームズのように陣羽織を纏い、イガグリを模した拳型の武器「マロンボンバー」をアームズウェポンとして戦う。
ジンバーアームズだけあって基本性能はクルミアームズよりも底上げされており、
更に巨大になった拳は防御壁の役割も果たし相手の攻撃を弾き飛ばしつつ、果敢に接近戦を挑んでいく。

クルミスカッシュとジンバーマロンスカッシュを同時に発動、
両拳の棘を弾き飛ばして現れたクルミボンバーよりも一回小さな手甲は高熱を生み出し打撃力を倍増させる。

必殺技はクルミオーレとジンバーマロンオーレを同時に発動させ、炎を生み出した拳で相手を殴りつける打撃技。名称は不明。

本来マロンエナジーロックシードはゲネシスドライバーがないと使えないが、
戒斗の遺品であるゲネシスドライバーからゲネシスコアのみを取り外して使うことでこの姿へと変身した。