仮面ライダークウガ ライジングドラゴン

【ライダー名】 仮面ライダークウガ ライジングドラゴン
【読み方】 かめんらいだーくうが らいじんぐどらごん
【変身者】 五代雄介
【スペック】 パンチ力:ドラゴンフォームの数倍
キック力:ドラゴンフォームの数倍
ジャンプ力:50m
走力:不明)
【基本フォーム】 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
【初登場】 第28話「解明」

【詳細】

メ・ギノガ・デの毒によって仮死状態に陥った五代雄介が電気ショックを受けたことによって発現した仮面ライダークウガ ドラゴンフォームの強化形態。
ジャンプ力がより強化されており、驚異的な跳躍力とスピードを持つ。

超古代の碑文に記述がないことから雄介は現代オリジナルバージョンだと推測していたが、実際には電気ショックによってアマダムが刺激され、アルティメットフォームの力をごく一部であるが使用できるようになるという現象だった。
そのため最初は30秒しか変身できず、それ以上変身しているとグローイングフォームになってしまっていたが、
後にもう一度電気ショックを受けてアメイジングマイティへの変身を獲得した際に時間制限はなくなっている(もう終盤だったため、時間制限のなくなったライジングフォームが活躍することはなかったが)。

専用武装であるドラゴンロッドも先端にライジングパワーを秘めた矛先が追加され、攻撃力も強化された。

必殺技はライジングドラゴンロッドを相手に突き立て封印エネルギーを流し込む「ライジングスプラッシュドラゴン」。
矛を突き刺した相手を遠方へと投げ飛ばし、安全な場所で爆発させる。