仮面ライダークウガ ライジングマイティ

【ライダー名】 仮面ライダークウガ ライジングマイティ
【読み方】 かめんらいだーくうが らいじんぐまいてぃ
【変身者】 五代雄介
【スペック】 パンチ力:マイティフォームの数倍
キック力:マイティフォームの数倍
ジャンプ力:不明
走力:不明
【基本フォーム】 仮面ライダークウガ マイティフォーム
【強化フォーム】 仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
【最強フォーム】 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
【初登場】 第30話「運命」

【詳細】

メ・ギノガ・デの毒によって仮死状態に陥った五代雄介が電気ショックを受けたことによって発現した仮面ライダークウガ マイティフォームの強化形態。
ライジングフォームの中では最も遅く登場した。

マイティフォームからさらに全能力がバランスよく強化されており、強化前と同じように徒手空拳による格闘戦を得意としている。
超古代の碑文に記述がないことから雄介は現代オリジナルバージョンだと推測していたが、
実際には電気ショックによってアマダムが刺激され、
アルティメットフォームの力をごく一部であるが使用できるようになるという現象だった。

最初は30秒しか変身できず、それ以上変身しているとグローイングフォームになってしまっていたが、後にもう一度電気ショックを受けてアメイジングマイティへの変身を獲得した際に時間制限はなくなっている(もう終盤だったため、時間制限のなくなったライジングフォームが活躍することはなかったが)。

右足にはライジングパワーを秘めた装甲・マイティアンクレットが出現し、封印エネルギーを込めた右足による跳び蹴り、「ライジングマイティキック」の破壊力は50tにも及ぶ。
バランス型ながらライジングフォームの中で必殺技は最強の威力を誇り、爆発の余波で半径3kmを壊滅させてしまうほど(これはライジングフォームが登場するようになってから出現する怪人達の内包するエネルギーの強大さにも起因する)。
右足の裏面には「アンクレットを止めておくバンド」の様なものが見受けられるが、これはアルティメットフォームの全身に走っているものと同じ「筋力を高める血管状組織」という設定。

上記のようにキックの余波だけで大きな被害を起こしてしまう。

【活躍】

ゴ・ガメゴ・レ戦で初登場、ガメゴを倒したもの、キックの爆発力が高く周囲一帯に二次的被害が起き、ニュースや新聞記事にもなる。
以後はクウガに協力する一条刑事が同僚達にクウガの正体を明かしたのを機に警察と連携することでライジングフォーム全体でのグロンギ撃破による二次的被害がおきないようにする策がとられる。

終盤のゴ・ガドル・バとの戦いでは敗北している。