仮面ライダースペクター

「レディゴー!覚悟!ド・キ・ド・キ、ゴースト!」

【ライダー名】 仮面ライダースペクター
【読み方】 かめんらいだーすぺくたー
【変身者】 深海マコト
コピー・マコト
【スペック】 パンチ力:6t
キック力:10.5t
ジャンプ力:ひと跳び43m
走力:100mを5.6秒
【素体形態】 仮面ライダースペクター トランジェント
【ゴーストチェンジ】 仮面ライダースペクター ノブナガ魂
仮面ライダースペクター ツタンカーメン魂
仮面ライダースペクター エジソン魂
仮面ライダースペクター フーディーニ魂
【派生形態】 仮面ライダースペクター ピタゴラス魂
仮面ライダースペクター ダブル魂
仮面ライダースペクター フォーゼ魂
仮面ライダースペクター オーズ魂
【特殊形態】 仮面ライダーネクロムスペクター
【強化形態】 仮面ライダーディープスペクター
【声/俳優】 山本涼介
【スーツ】 渡辺淳
【登場作品】 仮面ライダーゴースト(2015年)
【初登場話】 第4話「驚愕!空の城!」
第36話「猛烈!アイドル宣言!」(コピー)

【詳細】

深海マコトがゴーストドライバーにスペクターゴースト眼魂を装填し、スペクターゴーストを纏って変身するスペクターの基本形態。

ゴーストの基本形態と違い、○○魂という呼称はない。誰の魂を用いて変身しているかは不明。
長年戦い続けてきたため戦闘経験値が高くゴーストを上回る戦闘力を持ち、ガンガンハンドを用いて攻撃する戦いも得意。

【各部機能】

素体そのものの能力はゴーストのトランジェント形態と変わらないためそちらを参照。

頭部の ペルソナバーサーク には フェイスバーサーク と呼ばれるマスク状の黒い紋様が浮かび上がっている。顔の色は青。
パーカーは半袖、カラーは黒と青。ゴーストとは違い二本角。

両肩部分は周囲のエネルギーを袖口から吸収して再利用できる バーサークショルダー となっており、 バーサークコート は表面に特殊粒子がコーティングされ、
頑丈かつしなやかな形状で物理攻撃を受け止め、エネルギー攻撃を受け流すことが出来る。

第36話からはマコトの分身と思われる「コピー・マコト」が変身する個体として登場する。
何度も倒されているが、幾度となく復活していた。
その正体はマコトの本当の父、ダントンという技術者が開発したマコトと同一の素体の失敗作をアデルが持ち出して稼働させたもの。

必殺技は紋章のエネルギーを蓄積したキックを放つ「オメガドライブ スペクター」。
また、ガンガンハンドのロッドモードを使った必殺技があったが未使用。

【活躍】

第4話から登場し、ゴーストアイコンを求める者同士としてゴーストと激しい戦闘を繰り広げてきた。
だが、かつての幼馴染であったことが判明し、中盤からは共闘関係となる。

一時はネクロムゴーストに乗っ取られてネクロムとともに敵対するものの、ノブナガゴーストとゴーストの活躍で洗脳から開放された。

その後、強化形態であるディープスペクターが登場すると出番は少なくなる(基本フォームの宿命と言えるが)。

OV『仮面ライダースペクター』ではマコトは地球人ではなく、実は汚染が進む眼魔世界の環境に適応するために実父のダントンが生み出した人造人間の成功体と発覚している。

【余談】

派生形態以外は最後の「魂」が付かない形態が多い。