仮面ライダードレイク ライダーフォーム

【ライダー名】 仮面ライダードレイク ライダーフォーム
【読み方】 かめんらいだーどれいく らいだーふぉーむ
【変身者】 風間大介
【スペック】 パンチ力:3t
キック力:6t
ジャンプ力:ひと跳び39m
走力:100mを5.5秒
【プットオン】 仮面ライダードレイク マスクドフォーム
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2006年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第12話「化粧千人斬」

【詳細】

ドレイクゼクターの尻尾部分を引っ張って外部装甲を脱ぎ捨てたドレイク第ニ形態。

全身がヒヒイロノカネと呼ばれる未知の金属で構成された鎧に覆われており、
装甲を脱ぎ捨てたことで、「クロックアップ」が使用可能となる。

唯一ワーム成虫態に対抗出来るフォームで、サナギ体相手には絶大な力を発揮する。

「プットオン」を発動すると、任意でアーマーを戻すことも可能。

変身アイテムでもある「ドレイクゼクター」を武器とし、弾丸の種類を切り替えて様々なパターンを使いこなす。

必殺技はドレイクゼクターの羽を折りたたみ、ゼクター内のタキオン粒子をチャージアップし、エネルギー弾を放つ「ライダーシューティング」。