仮面ライダーダークドライブ タイプネクスト

「ドライブ! タイプネクスト!」

【ライダー名】 仮面ライダーダークドライブ タイプネクスト
【読み方】 かめんらいだーだーくどらいぶ たいぷねくすと
【変身者】 スパイダー型ロイミュード108(泊エイジ)
【スペック】 パンチ力:24t
キック力:40t
ジャンプ力:ひと跳び50m
走力:100メートルを0.446秒
【声/俳優】 真剣佑
【スーツ】 岡田和也
【登場作品】 劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー(2015年)

【詳細】

2035年から2015年へタイムスリップした悪の仮面ライダードライブ。
未来のドライブドライバーの装着者がシフトブレスにシフトネクストスペシャル(ネクスト)を装填して変身する。
武器は「ブレイドガンナー」でナックルガードによる打撃、斬撃、銃撃を一度に行える。

未来で開発されただけあってその戦闘力は驚異的であり、タイヤコウカンはせずともドライブを圧倒する強さを持つ。
また、遠隔操作機能も有し、アーマーとスーツだけが動いて戦うことも可能。

相手の胸倉を掴みあげ、逆手に持ったブレイドガンナーで何度も殴りつけるなどダーティな戦い方を得意とする。

その正体は未来で復活したロイミュード108。
本来の装着者は泊進ノ介の息子・泊エイジだったが、ロイミュード108は倒した彼をコピーした上でドライブシステムを強奪し、タイムロードを通って現代へと遡り、その時代の自分と融合することで、超絶的な進化態(パラドックスロイミュード)へ進化しようと活動していた。