仮面ライダー4号

【ライダー名】 仮面ライダー4号
【読み方】 かめんらいだーよんごう
【変身者】 不明
【スペック】 パンチ力:t
キック力:t
ジャンプ力:ひと跳びm
走力:100mを秒
【声】 松岡充
【スーツ】 不明
【登場作品】 仮面ライダー4号(2015年)

【詳細】

ショッカーが造り出した仮面ライダー。変身者は不明。
愛用マシンは飛行機型ビークルの「スカイサイクロン」。

軍隊のパイロットを思わせるスーツ、
また、クラッシャーはバッタを模したものではなく、
本来の4号(ライダーマン)の様に人間の口を模した形状となっている。

ドライブ、ファイズ、ゼロノスの3人を同時に相手にしても圧倒する実力を持ち、
「スカイサイクロン」から飛び降りる際には ムササビのようにマント を広げて滑空できる。

必殺技は強力なパンチで攻撃する「ライダーパンチ」、強力なキックを放つ「ライダーキック」。

【活躍】

何巡目かの世界で完成し、ライダー達の前に登場。

その圧倒的な戦闘力でドライブ達を全滅に追いやり、ショッカーの支配する世界を拡大していく。
最後の世界では王蛇、サソード、ダークキバ、バロンのショッカーライダーと共にドライブ、マッハ、ファイズ、ゼロノスのライダー達と死闘を繰り広げる。

ドライブと戦いを続け、タイプフォーミュラとなったドライブと激闘を繰り広げる中、愛機・スカイサイクロンをブースタートライドロンとゼロライナーの連携攻撃で破壊されてしまい、
フォーミュラドロップの一撃をライダーキックで相殺しようとして脚に大ダメージを負い、放たれた2発目のフォーミュラドロップをライダーパンチで受け流そうとするがタイプフォーミュラが限界を超えて能力を引き出すことで受け流せず、必殺技を喰らって撃破された。