仮面ライダードライブ タイプデッドヒート

「ドライブ! タイプデッドヒート!」

【ライダー名】 仮面ライダードライブ タイプデッドヒート
【読み方】 かめんらいだーどらいぶ たいぷでっどひーと
【変身者】 泊進ノ介
【スペック】 パンチ力:15.3t
キック力:23.7t
ジャンプ力:ひと跳び36.5m
走力:100mを3.2秒
【タイプチェンジ】 仮面ライダードライブ タイプスピード
仮面ライダードライブ タイプワイルド
仮面ライダードライブ タイプテクニック
【特殊形態】 仮面ライダードライブ タイプフルーツ
仮面ライダードライブ タイプハイスピード
仮面ライダードライブ タイプスペシャル
【強化形態】 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラ
【最強形態】 仮面ライダードライブ タイプトライドロン
【登場作品】 仮面ライダードライブ(2015年)
仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー(2016年)
【初登場話】 第16話「沢神りんなはなぜソワソワしていたのか」

【詳細】

シフトブレスにシフトデッドヒートをセットし変身したドライブの超強化仕様。
タイプスピードの頭部、胸部、左肩とマッハの右肩、アンダースーツをごちゃ混ぜにした様な外見を持つ。

シフトデッドヒートはハートロイミュードのデッドゾーンの超パワーに対抗するために開発されたシフトカーであり、ハートに匹敵するほどの強力なパワーを発揮する。

【各部機能】

左肩に備えた DH-コウリン は、シフトデッドヒートに蓄えられた過熱活性剤を爆発燃焼ささせ莫大な稼働エネルギーと熱を生成、
それを全身に高速循環させることで各機能を限界近くにまで高め、タイプスピードの実に2倍以上もの強大なパワーを作り出す。
また表示されている円形のモニターはシステムの稼働状況を視覚的にわかりやすく示したもので、左半分のレッドゾーンにメーターが突入してしまうと、バーストを起こしドライブ本人にも制御できない状態になってしまう。
タイプデッドヒートタイヤはエネルギーの流れを整える能力を持つがバーストを起こすと表面が剥離し暴走状態であることが周りにもわかりやすくなっている。

DH-コウリンが生み出した高熱は体表を覆う ヒートライディングスーツ により腕部や脚部に集中させ、格闘攻撃に超高熱を付与し破壊力を格段に引き上げる。
また、左肩部の サーマルディフレクター は余剰となる熱エネルギーを整え、攻撃用に再利用し、この部位自体が電磁力による運動機能補助の役割を持つため、肩の力を増大させることで強力なパンチを放つことが可能。
それに連動する形で拳を覆う ヘイストグローブ は圧縮エネルギーでグローブを覆うことで爆風を伴う超高熱パンチを繰り出し、
脚部を覆う アドバンスドレッグ に仕込まれた高性能サスペンションにより脚力を大幅に高め、足先にある アクティブファストブーツヘイストグローブ と同じく超圧縮エネルギーを纏うことで超高温キックを放つことが出来る。

必殺技は「デッドヒートドロップ」。
シフトブレスのイグナイターを押すことで発動。空高く飛び上がり、高熱をまとった飛び蹴りを叩き込む。
下級ロイミュードならば2体まとめてコアと共に消滅させるだけの威力を発揮する。

【フレア】

マックスフレアで装備。

変身直後、即座にデッドヒートドロップを発動したため、この姿での戦闘は無し。

【活躍】

16話でのシフトカーはまだ完成形ではなく、力は安定していなかった。17話にて完成し、進ノ介も変身するたびに乗りこなすことが出来るようになっていったが、依然として暴走する危険性は残されたままだが、だいたいは仮面ライダーマッハが使用しており、あまり使わず、タイプフォーミュラ投入後は完全にマッハ専用状態にちかく、変身はしていない。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』では久々に変身し、ロボルバグスターと戦った。