仮面ライダーファイズ

【ライダー名】 仮面ライダーファイズ
【読み方】 かめんらいだーふぁいず
【変身者】 乾巧 他にも数名(555)
尾上タクミ(ディケイド)
ショッカー首領(4号)
【変身者の条件】 オルフェノク(もしくはオルフェノク因子を持つ人間)
【スペック】 パンチ力:2.5t
キック力:5t
ジャンプ力:ひと跳び35m
走力:100mを5.8秒
【強化フォーム】 仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム
【声/俳優】 半田健人 など(555)
制野峻右(ディケイド)
赤羽根健治
渡部秀
関智一
【スーツ】 高岩成二
永瀬尚希
渡辺淳
永徳
【登場作品】 仮面ライダー555(2003年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊(2014年)
スーパーヒーロ大戦GP 仮面ライダー3号(2015年)
仮面ライダー4号(2015年)
【初登場】 第1話「旅の始まり」

【詳細】

3本のベルトの1つ、ファイズドライバーを用いて変身する仮面ライダー。
変身者は乾巧だが、他の特殊な力を持った存在も変身する。

ライダーシステムとしては最も後期に開発され、高い安定性と万能性、拡張性を開発コンセプトに開発された。
フォトンブラッドの出力が低い、 赤色 になっている(3本のベルトのうち1番出力が低く、安定性がある。)。

これらの欠点は強化ツールを用いたフォームチェンジシステムと武器、
必殺技によって十分過ぎるくらいに補われ、
「帝王のベルト」にも匹敵する性能を有するまでになる。(アークオルフェノクを倒すほど)

必殺技はファイズポインターで相手をロックオンして飛び蹴りを叩き込む「クリムゾンスマッシュ」。
他にもファイズショットを使ったパンチ「グランインパクト」、ファイズエッジを使った「スパークルカット」を使う。