メタルヒーロー

スーパー戦隊シリーズと同じく、八手三郎原作の特撮ヒーローシリーズ。
初期の宇宙刑事シリーズの他、様々な作品がオンエアされた。
ヒーロー達は布地が多い戦隊シリーズと違い、
その名の通り稼働部以外に「金属質の装甲」を纏っている。

長年続いたシリーズは何度も放送枠を変更するが、ジバンの段階で現在の平成ライダーの前身の日曜朝8時に定着した。

ここでは個別ページを作成しない代わりに以下に、スーパー戦隊、平成ライダー、もしくはスーパーヒーロー大戦などで関わったヒーローを放送順にまとめる。

【宇宙刑事ギャバン】

  • 1982年放送。宇宙刑事シリーズ第一弾。2012年ではリメイクされて、新たにギャバンtypeGが誕生した。
  • ゴーカイジャーでは旧型のギャバンが映画で共闘し、新世代のtypeGはオリジナル劇場版に先駆けてゴーバスターズ本編に登場。また、スーパーヒーロー大戦Zではメインキャラの1人をつとめた。
  • 以後もtypeGは宇宙戦隊キュウレンジャーで客演している。

【宇宙刑事シャリバン】

  • 1983年放送。宇宙刑事シリーズ第二弾。
  • 平成の特撮では2代目が登場してスーパーヒーロー大戦Zに登場、同じ宇宙刑事のギャバンtypeGと戦った。

【宇宙刑事シャイダー】

  • 1984年放送。宇宙刑事シリーズ第三弾にして同シリーズの最終作。
  • シャリバンと同じく2代目が登場してスーパーヒーロー大戦Zに出演。

【世界忍者戦ジライヤ】

  • 1988年放送。その名の通り忍者を元ネタにしたヒーロー。
  • オリジナルは登場しないが、スーパーヒーロー大戦Zではゴーカイグリーンがメタルヒーローキーで変身した。
  • 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』忍びの34でゲスト出演している。

【機動刑事ジバン】

  • 1989年放送。上記の通り、放送途中で時間帯が日曜朝八時に移動した。
  • オリジナルは登場しないが、スーパーヒーロー大戦Zではゴーカイシルバーがメタルヒーローキーで変身した。

【特捜エクシードラフト】

  • 1992年放送。未記載だが、前々作のウィンスペクター、前作のソルブレインに続くレスキューシリーズの最終作。ドラフトレッダー、ドラフトブルース、ドラフトキースの三人一組のチームヒーロー。
  • オリジナルは登場しないが、スーパーヒーロー大戦Zではゴーカイレッドがメタルヒーローキーでドラフトレッダーに変身した。

【特捜ロボジャンパーソン】

  • 1993年放送。その名の通り人間が変身するのではなく、生粋のアンドロイドが犯罪者に立ち向かうストーリー。
  • オリジナルは登場しないが、スーパーヒーロー大戦Zではゴーカイピンクがメタルヒーローキーで変身した。

【重甲ビーファイター】

  • 1995年放送。虫をモチーフにしたヒーローで、ブルービート、ジースタッグ、レッドルの三体のメタルヒーロー。なお、最終章ではジャンパーソン、当作品の前作に当たるブルースワットが共闘する特別編が製作された。
  • オリジナルは登場しないが、スーパーヒーロー大戦Zではゴーカイブルーがメタルヒーローキーでブルービートに変身した。

【ビーファイターカブト】

  • 1996年放送。上記のビーファイターの正当な続編。カブト、クワガ、テントのメインキャラに加えて前作のブルービート達、さらに新たな昆虫戦士が四体加わり、「計十体」のヒーローが登場した。
  • オリジナルは登場しないが、スーパーヒーロー大戦Zではゴーカイイエローがメタルヒーローキーでビーファイターカブトへ変身した。