仮面ライダーガタック マスクドフォーム

「戦の神」

【ライダー名】 仮面ライダーガタック マスクドフォーム
【読み方】 かめんらいだーがたっく ますくどふぉーむ
【変身者】 加賀美新(オリジナル)
アラタ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:8t
キック力:9t
ジャンプ力:ひと跳び19m
走力:100mを8.9秒
【キャストオフ】 仮面ライダーガタック ライダーフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダーガタック ハイパーフォーム(特殊)
【声/俳優】 佐藤祐基(カブト)
牧田哲也(ディケイド)
【スーツ】 伊藤慎
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2005年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第22話「誕生特別編」
【テーマソング】 LORD OF THE SPEED

【詳細】

加賀美新がガタックゼクターをライダーベルトにセットし変身したガタックの第1形態。

全身をヒヒイロカネで出来た重厚な装甲で覆っていて高い耐久力とパワーを誇る。
また、両肩には2連装のガタックバルカンを装備し、ジョウントを利用した無限弾倉により弾切れむくイオンビーム光弾を毎分5000発連射可能。
転送された高エネルギーを圧縮させて プラズマ火球弾 として放ち、1km圏内のあらゆる物質を消滅させることも可能とされる。

この状態からガタックゼクターのゼクターホーンを展開し装甲を脱ぎ捨てることでライダーフォームとなるが、
その際にガタックバルカンも失ってしまうため、相手が大群で迫っている際などにプットオンしてこの形態に戻り、 ガタックバルカンで殲滅するといった戦法 も取られた。