ディケイドの仮面ライダー

「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ!」

  • 平成仮面ライダー第10作目『仮面ライダーディケイド』に登場する仮面ライダー。
  • ディケイドディエンドの2体が中心だが、龍騎の世界にてアビス、響鬼の世界にて天鬼という独自のライダーが登場したこともある。


他のライダーの力を引き出すアイテム。

本作品の中心ライダーに共通するのは 「他の平成ライダー(一部の昭和ライダー)の力をカードを媒介にすることで自在に利用できる」 という点である。

ディケイドはベルトに読み込ませることでそのカードに描かれたライダーに変身し(カメンライド)、
その能力を使い(アタックライド)、必殺技を放つことも可能となっている(ファイナルアタックライド)。

それに対しディエンドはディエンドライバーにカードをセットすることで意思を持たぬ虚像としてカードに描かれたライダーを召喚することが可能で、
ディケイド同様アタックライド及びファイナルアタックライドの使用も可能と思われる。

また、ファイナルフォームライドのカードで、そのカードに対応したライダーをそれぞれの持つアイテムないし、サポート用ビークルなどの姿を模した形態に変形させることが可能。
この変形は強制で、一旦効果が発動してしまうと抗えない。

ディケイドとディエンドの両名はケータッチと呼ばれるアイテムを装着することでそれぞれコンプリートフォームと呼ばれる最強形態に変身が可能となっている。
変身後はそれぞれの能力の強化解釈版とも言える強力な力が備わるのが特徴。

なお、ディケイドライバーとディエンドライバーは大ショッカーが開発したとされているが、ケータッチもそうなのかは不明