アギトの仮面ライダー

平成仮面ライダー第2作目『仮面ライダーアギト』に登場する仮面ライダー。
該当するのは、アギト、ギルス、G3、アナザーアギト、G4、V-1(厳密にライダーと扱えるのかは不明)。

これらのライダーは大きく2つの種類に分けられる。
一つは、(主人公を含めて)「アギト」という存在になった者達。

これは、はるか昔に行われた「光と闇」の戦いに起因し、結果的に敗北した「光の力」が意趣返しに「闇の力」の子達である人類に自分の力を与え、それが現代になって覚醒したもの。

日本近海で水難事故に遭ったとされる「あかつき号」の乗客、及びその親族や血縁関係者に覚醒の兆しがある。
アギトになるものは前兆として常識では考えられない超能力を使えることが判明している。

アギトは「光の力」と接触したことで力が色濃く覚醒。同じ船に乗っていたアナザーアギトも覚醒したが、
唯一あかつき号には乗ってないギルスは「アギトの不完全体」という形で当初は変身することに大きな負担がかかっていた。

もう一つのタイプは警視庁が開発した「強化スーツ」によるライダー。
元々は3年前に存在していたという「未確認生命体」への驚異に対してG3が誕生したのが起源だが、
その最新技術を持ってしても太刀打ちできない新たな存在、超越生命体「アンノウン」が現れたことで開発方針が大きく変動する。

後にG3-Xに対抗したV-1や、圧倒的な戦闘力を誇る代わりに使用者の生命を無視したことで開発が凍結されていたG4などが開発された。

アンノウンの目的は「闇の力」が忌み嫌う「光の力」から齎された「アギトの力」を根絶やしにすることである。
一方で「アギト」に覚醒したものはその力に絶望して身投げしたりと、必ずしもいいものとは言えない。

終盤では、「アギトに覚醒する特定の人間しか狙わない」アンノウンよりも、「人類そのものの驚異になる」アギトが警視庁の上層部から危惧され、「アンノウンを支援してアギトの人間を殲滅する」という前代未聞の勅命が下されたが、Gトレーラーの面子がクーデターを起こして制圧したことで頓挫している。

最後は敗北を認めた「闇の力」が去ったことでアンノウンも現れなくなったため、将来的に新たな「アギト」が次々覚醒することになったと思われるが、詳細不明。