仮面ライダー龍騎サバイブ

SURVIVE-烈火-

【ライダー名】 仮面ライダー龍騎サバイブ
【読み方】 かめんらいだーりゅうきさばいぶ
【変身者】 城戸真司
【スペック】 パンチ力:300AP(約15t)
キック力:500AP(約25t)
ジャンプ力:ひと跳び45m
走力:100mを4.5秒
【基本フォーム】 仮面ライダー龍騎
【召喚機】 龍召機甲ドラグバイザーツバイ
【契約モンスター】 烈火龍ドラグランザー
【所有カード】 アドベント-ドラグランザーの召喚
ソードベント-バイザーをドラグブレードに変形
シュートベント-メテオバレットの発動
ガードベント-ファイヤーウォールの発動
ストレンジベント-その場でランダムなカードに変化
ファイナルベント-ドラゴンファイヤーストームの発動
【登場作品】 仮面ライダー龍騎(2002年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
仮面ライダーウィザード(2013年)
【初登場】 第34話「友情のバトル」

【詳細】

仮面ライダー龍騎がサバイブ-烈火のカードを使って強化変身した龍騎の最強形態。
ドラゴン型ミラーモンスター「ドラグレッダー」もサバイブのカードの力で烈火龍ドラグランザーへと強化され、
ライダー達の中でもオーディンに次ぐトップクラスの戦闘力を持つ。

このライダーだけ「ストレンジベント」と呼ばれる特殊なカードを所持し、
その場に応じたカードに変化することで変幻自在な攻撃が可能。

劇中では「スチールベント」や「トリックベント」などに変化した。
また、基本攻撃カードとなる「ソードベント」や「シュートベント」の威力もAP3000、4000と高く、並のモンスターでは歯がたたないほどの力を手に入れた。

必殺技はバイクモードに変形したドラグランザーに乗り、火炎弾の連続発射と共に逃げ場を封じた相手を車体そのもので踏み潰す「ドラゴンファイヤーストーム」。破壊力は9000AP(約450t)。
この火炎弾自体相当な威力があるので、
大量に出現したモンスターに向けて連射するだけでかなりの数を減らすことができる(ゲームなどでは後に表現などが規制される)。

ディケイドでは「バーニングセイバー」という必殺技が登場。