仮面ライダーアギト

  • 平成仮面ライダーシリーズ第2作。
  • 1人のみだったクウガとは異なり初期から3人のライダーが登場し、後にさらに1人増えるなど複数の仮面ライダーが登場する先駆けとなった作品。

  • 劇中では仮面ライダーとは呼ばれず警視庁が作成したG3以外の存在をまとめて「アギト」として呼称している。また、アギトは複数のフォームを使い分けるがそれらについては全く形態別の呼び名は使われていない。

【詳細】

それぞれ登場する4人のライダーのベルト、いわゆる変身ベルトの名前はエネルギーメーターとなっているG3以外で名前が異なっている。
津上翔一が変身するアギトのベルトは「オルタリング」、葦原涼が変身するギルスのベルトは「メタファクター」、木野薫が変身するアナザーアギトのベルトは「 アンクポイント 」という名称が存在する。

これらには賢者の石と呼ばれる物質が埋め込まれているとされ、アギトのみ複数のフォームを使い分ける必要があるのでベルトの発光色がフォームによって異なる。

【余談】

それぞれのライダーはモチーフも異なり、アギトは龍、ギルスはカミキリムシ、G3はクウガ(未確認生命体第4号)、アナザーアギトはバッタとなっている。