黒影トルーパー

「うわぁ~~! ユ、ユグドラシルは、もうお終いだー!」

【ライダー名】 黒影トルーパー
【読み方】 くろかげとるーぱー
【変身者】 ユグドラシル関係者
城乃内 秀保(最終話)
メカ兵士(MOVIE大戦フルスロットル)
【モチーフ】 和風の鎧+マツボックリ(元は仮面ライダー黒影
【スペック】 パンチ力:6t
キック力:10.2t
ジャンプ力:ひと跳び26m
走力:100mを6秒
【登場作品】 仮面ライダー鎧武/ガイム(2013年)
仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル(2014年)
【初登場話】 第12話「新世代ライダー登場!」

【仮面ライダー鎧武】

ユグドラシルコーポレーションの関係者が量産型の戦極ドライバーとマツボックリロックシードによって変身するアーマードライダー。

ビートライダーズがアーマードライダーに変身し戦闘を行うことでユグドラシル側が得たデータがフィードバックされており、初期のベルトは所有者の認識機能により一番最初に装着した人間以外は変身できなかったがそれが解決されている。
ただ、このイニシャライズ機能はベルトを持つ個人を特定した上で効率よくデータを採取するものであったため、システムの除外は簡単なものだったと思われる。

デザインテイストはオリジナルの黒影と同じく軽装な武士の「足軽」だが、
隠密戦法や「にん!」という掛け声など、「忍者」の要素も含んでいると見られる。

黒影同様のスペックと能力を誇り、武器の影松を扱い身軽な動きによる攻撃、 量産されたドライバーによる多人数での戦闘 を得意とする。
だが、ロックシードが低ランクのものであるために初期型アーマードライダーの中でもスペックは低めの部類、初級インベスにさえ一対一では圧倒される場面も目立つ他、身体能力の高い紘太などには生身でさえあしらわれている。

ユグドラシル内で、機械人間化した戦極凌馬のデモンストレーションに他のアームズを装備したアーマードライダーも混じっていたが、
トルーパーと同じタイプのものだったのかは不明。

31話では地球に出現したオーバーロードの捕獲作戦のためにマリカを筆頭に総動員で出撃するが、その圧倒的なパワーに手も足も出ずに部隊の大部分が半壊して多くの犠牲者を出した。
更に別のオーバーロードにタワーを占拠され、その危機に司令塔のデュークが自分の身を優先してロケットで逃走するという地獄絵図を目の当たりにして戦意喪失。
以降ユグドラシルが壊滅したため、最終話まで登場してないが、敵前逃亡して町の外に避難したか、「町に蔓延したインベス達」に葬られたかのどちらかかと考えられる。

量産された戦極ドライバーは呉島貴虎が処分したが、万が一のことを考え一つ残していたドライバーを使い、城乃内秀保がトルーパーに変身している。
イナゴ怪人と仮面ライダー邪武に対抗するも、やはりスペックの低さが致命的で敗北しドライバーも破壊されてしまった。
劇中で黒影トルーパーは変身した状態で登場していたため、城乃内の変身が唯一黒影トルーパーとしての最初で最後の変身シーンとなった。

【MOVIE大戦フルスロットル】

機械生命体メガヘクスがデータとして採取した力を再現したもの。劇中では2体作られる。
雑誌などでは 「メカ黒影」 と呼称されている。

光実の記憶にあるデータと紘汰から事前に採取したデータを合わせて作られたものと考えられ、トルーパー同様影松を用いた身軽な接近戦を得意とするが、
やはりスペックは低く、龍玄に瞬殺された。
だが、撃破された個体のうち、1体分の戦極ドライバーは無事であり、それを持ち逃げした光実が兄に渡したことで、仮面ライダー斬月の復活に繋がることになる。