仮面ライダーブラーボ ドリアンアームズ

「ドリアンアームズ! ミスター・デンジャラス!」

【ライダー名】 仮面ライダーブラーボ ドリアンアームズ
【読み方】 かめんらいだーぶらーぼ どりあんあーむず
【変身者】 凰蓮・ピエール・アルフォンゾ
【モチーフ】 ドリアン+古代の剣闘士
【鎧カラー】 深緑
【スペック】 パンチ力:12.4t
キック力:16.7t
ジャンプ力:ひと跳び27m
走力:100mを5.9秒
【声/俳優】 吉田メタル
【スーツ】 渡辺淳
今井靖彦
【登場作品】 仮面ライダー鎧武/ガイム(2013年)
【初登場話】 第6話「ドリアンライダー、参戦!」

【詳細】

凰蓮・ピエール・アルフォンゾが戦極ドライバーとドリアンロックシードを用いて変身したアーマードライダー。
モヒカン頭に全身を覆う刺々しいスパイク、某世紀末のバトル漫画に登場しそうな派手な外見をしている。
ドリアンを模した鋸「ドリノコ」を武器として戦う。

変身者の凰蓮は本名を 凰蓮厳之介 といい、フランス国籍を取得するのに外人部隊に参加していた傭兵経験者で、ビートライダーズが変身する他のアーマードライダーに比べ戦闘経験や技術が勝っている。
また、ライダーとしてのスペックも他のアーマードライダーに比べ頭ひとつ抜けており、斬月さえ超える高い身体能力を誇る上ロックシードの性能では格上にあるはずの新世代ライダーにすら匹敵する(はずだが、実際に対峙したときにはあろうことかその斬月に一目惚れしてしまい、自ら戦意を失って惨敗してしまった)。

本来であればチームレッドホットに渡された戦極ドライバーを自分の店に客として来ていた際に奪い、黒影とグリドン相手に鮮烈なデビューを飾った。
作中における悪のライダーの立ち位置だが、どこか憎めない性格。第27話よりビートライダーズが元凶でないことがわかり、協力関係をとることが多くなった。

ロード・バロンとの戦いで、ドライバーを破壊されて変身機能を失った。

必殺技名は共通で「ドリアッシェ」。カッティングブレードを一回倒しドリアンスカッシュを発動、頭部にあるフラタニティクレットからエネルギーを放出し前方を薙ぎ払う。ドリアンオーレではドリアン型の光弾をドリノコから放つ。
ドリアンオーレで放つドリアン型の光弾は連発するタイプとエネルギーを溜め巨大な単発型を発射するのと二通り存在する。

【余談】

主にスーツアクターを演じるのは今井靖彦氏だが、『宇宙船』のフォトギャラリーによると撮影時に担当する監督によって斬月役の渡辺淳氏が兼任して代用することもあるらしい。