仮面ライダー黒影 マツボックリアームズ

「マツボックリアームズ! 一撃・イン・ザ・シャドウ!」

【ライダー名】 仮面ライダー黒影 マツボックリアームズ
【読み方】 かめんらいだーくろかげ まつぼっくりあーむず
【変身者】 初瀬亮二
【鎧カラー】 焦茶色
【モチーフ】 和風の鎧+マツボックリ
【スペック】 パンチ力:6t
キック力:10.2t
ジャンプ力:ひと跳び26m
走力:100mを6秒
【声/俳優】 白又敦
【スーツアクター】 今井靖彦
竹内康博
【登場作品】 仮面ライダー鎧武/ガイム(2013年)
【初登場話】 第5話「復活!友情のイチゴアームズ!」

【詳細】

初瀬亮二が戦極ドライバーとマツボックリロックシードを用いて変身したアーマードライダー。
専用のアームズウェポン「影松」を武器とし、バロンのバナスピアーを上回る長いリーチと素早い身のこなしをあわせた中距離戦闘を得意とする。

モチーフ及び戦闘待機音は鎧武同様、ほら貝が鳴り響く和風のもの。

アーマードライダーだが、使用するロックシードがCランクと他のアーマードライダーが変身に用いるものよりもランクが低いためか、
第6話で一度鎧武に敗北、マツボックリロックシードを奪われるもすぐに同種のロックシードを用意していた(シドに高額で買わされた模様)。

第11話で仮面ライダー斬月に戦極ドライバーが破壊された影響で、
変身できなくなったが、12話からは量産型が登場する。