キョウリュウブルー

「鎧の勇者、キョウリュウブルー!」

【ヒーロー名】 キョウリュウブルー
【読み方】 きょうりゅうぶるー
【声/俳優】 金城大和
【スーツアクター】 高田将司
【変身者】 有働ノブハル
ノブ太さん
【変身アイテム】 ガブリボルバー
【変身コード】 キョウリュウチェンジ!
【登場作品】 獣電戦隊キョウリュウジャー
帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER
【初登場話】 ブレイブ1「でたァーッ!まっかなキング」

【詳細】

獣電戦隊キョウリュウジャーに登場するブルー戦士。
有働ノブハルがガブリボルバーを使用して変身する鎧の勇者。パートナー獣電竜はステゴッチ。

パワーファイターで敵を持ち上げて投げる技も多用しており、「ノブハル○○」などと通常攻撃に自分の本名を入れた技名を使用することもある。
変身者・ノブハルの能力と鎧の勇者と言う特徴もあって、防御力にも優れている。

イアン曰くキョウリュウレッドと並んで体が丈夫とのことで、
彼の意向でレッドと共に獣電池のテスト役に選ばれる。

彼の癖もあって日常だけに留まらず、戦闘中にも親父ギャグをいうこともしばしば。
これらも含めて戦闘面ではどこかコミカルな存在感を発している。

また、ブラックの獣電池のテストを切っ掛けにプクプトールの力を頻繁に使用され、
一度メンバーに「ノッさんボール」と言う、彼が利用された不憫な技を使われる。

アームドオンを発動した時の固有武器はステゴシールド。
盾ということで防御時に使用するが、打撃武器としても扱っている。
グリーンピンクの武器を借りて、シールドランススラッシャーを使用することもある。

必殺技はメンバー共通で獣電ブレイブフィニッシュ。これに「イゲラノドンの力」を加えたこともある。
ステゴシールドで殴りつけるステゴシールドパンチ。同じくステゴシールドをブーメランのように投げつけるフライングステゴーシールド

100年後の未来ではノブハルの子孫のノブ太さんが変身する。
彼の場合は最初から色が本来変身するべきものだったため、100年後のメンバー内で一番最初に真の力を解放した。
動作が大きく、力強い先代と違って大人しめな振る舞いが目立つ。
また、初戦闘時では敵にガブリボルバーをまさかりのように振り下ろしてグリップを叩きつけるという独特な攻撃を見せた。