仮面ライダードレイク マスクドフォーム

【ライダー名】 仮面ライダードレイク マスクドフォーム
【読み方】 かめんらいだーどれいく ますくどふぉーむ
【変身者】 風間大介
【スペック】 パンチ力:7t
キック力:9t
ジャンプ力:ひと跳び23m
走力:100mを8.4秒
【キャストオフ】 仮面ライダードレイク ライダーフォーム
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2006年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第11話「合コン燃ゆ」

【詳細】

ドレイクゼクターをドレイクグリップに合体させて変身したドレイク第一形態。

全身がヒヒイロノカネと呼ばれる未知の金属で構成された鎧に覆われており、防御力や攻撃力に特化している。
キャストオフすることでライダーフォームになるが、プットオンでアーマーを戻すことも可能。

スペック上、こちらのほうが肉弾戦に長ける。
また、 トンボの前の形態=ヤゴ がモチーフだからか、
水中戦も可能でカブトすら「凌駕する性能」を発揮する。

グリップと合体することで銃に変化したドレイクゼクターを操る銃撃戦を得意としている。