仮面ライダーメテオストーム

「俺の運命(さだめ)は嵐を呼ぶぜ!」

【ライダー名】 仮面ライダーメテオストーム
【読み方】 かめんらいだーめておすとーむ
【変身者】 朔田流星
【モチーフ】 流れ星・カンフー
【スペック】 パンチ力:4.3t
キック力:9.4t
ジャンプ力:ひと跳び21m
走力:100mを5.4秒
【基本フォーム】 仮面ライダーメテオ
【声/俳優】 吉沢亮
【スーツアクター】 永徳
【登場作品】 仮面ライダーフォーゼ(2011年)
【初登場話】 第28話「星・嵐・再・起」
【テーマソング】 Evolvin'Storm

【詳細】

M-BUSのタチバナ から送られたメテオストームスイッチの力で強化変身を遂げた仮面ライダーメテオの超攻撃形態にして最強形態。
基本カラーは青と金色、複眼の色は赤。頭部の金の部分は地上に隕石が激突した瞬間を表現したもの。

身体の黒い部分が青、頭部や胸のパーツ、関節部分が金色に変色し、形状もほぼ左右対称に変化。
決め台詞は「俺の運命は嵐を呼ぶぜ!」。
通常はメテオから強化変身するが、変身時にメテオドライバーにメテオストームスイッチを装填した状態で同時に変身動作を行うことで直接変身も可能。

パワーやスピードといった身体能力の向上に加え、専用武器として装備する「メテオストームシャフト」の存在により総合的な戦闘能力が飛躍的に向上している。
徒手空拳によるジークンドーを得意とする従来のメテオ時とは異なり、シャフトを駆使した素早い棒術戦を得意とする。
また、メテオ時と同様にステイツチェンジ用スイッチの使用、
属性付加やリミットブレイク、浮遊する発光体となっての体当たり攻撃も可能だが、 発光体の色に金色 が加わっている。

必殺技はメテオストームシャフトから高速回転するストームトッパーを射出し、相手を切り刻む「メテオストームパニッシャー」。
相手のコズミックエナジーを吸収して破壊力を増大させる性質を持ち、シャフトに装填する前にスイッチを何度も押しこむことでマックスパワーが発動。
レオ・ゾディアーツとの最終決戦では一度跳ね返されたストームトッパーを再びシャフトに装填して跳ね返すといった技も見せた。

また、通常時の「メテオストライク」と同様の飛び蹴りやファイヤースイッチによる炎を纏った飛び回し蹴り、青と金色のエネルギーを纏ったメテオストームシャフトによる打撃といった名称不明の技など多くの技を使う。
追加武装ではなく変身アイテムの交換による強化変身は前々作の2号ライダーと共通している(どちらも「謎の支援者」から渡されたものでもある)。