仮面ライダークウガ ライジングフォーム

【ライダー名】 仮面ライダークウガ ライジングフォーム
【読み方】 かめんらいだーくうが らいじんぐふぉーむ
【変身者】 五代雄介
【初登場】 第24話「強化」

【詳細】

仮面ライダークウガの強化フォーム
の総称。
基本4フォームの必殺技を強化する方向に能力が向上している。

変身者・五代雄介が仮死状態となった際、「もっと、強くなれたら」という思いにアマダムが答え、電気ショックのエネルギーをアマダムが蓄積し変身できるようになる。
一説にはアルティメットフォーム時の武器を使用しているとされている。

再生ギノガ戦以後、その現象が現れ始め、ガリマ戦の際まで上手く扱えず、 科警研の施設 に籠って能力の習得を完了させ、ガリマを倒した。
いずれも30秒という時間制限があり、制限を過ぎると非常に力を酷使するため、
グローイングフォームに戻ってしまう(ペガサスは変身した時点で、時間制限をおうことになる)。

【余談】

元々「金色の強化フォーム」はなりきり玩具「ソニックウェーブDX変身ベルト」に「ベルトを金色に光らせ、雷の音を発する隠しボタン」が仕込まれているという形で当初から用意されていた。
「全身が金色で、右腕にアークルと似た形の武器を装備したクウガ」がその姿としてデザインされていたが、スポンサーの意向によって現在の形に変更されたという経緯がある。

プロデューサーインタビューによれば、アームブロッカーのラインが2本に増えているのは「仮面ライダー旧2号が新1号にバトンタッチしたことへのオマージュ」らしい。

小学館の児童誌「てれびくん」に連載されたコミカライズ版では「全身金色のライジングマイティ」が登場し、ゴ・ガドル・バ電撃体を倒している。