仮面ライダーレンゲル

【ライダー名】 仮面ライダーレンゲル
【読み方】 かめんらいだーれんげる
【変身者】 上城睦月(ブレイド)
桐生豪(ブレイド、一時期)
黒葉ムツキ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:3t
キック力:4.9t
ジャンプ力:ひと跳び30m
走力:100mを5秒
【強化フォーム】 仮面ライダーレンゲル ジャックフォーム(ノベライズ)
【登場作品】 仮面ライダー剣(2004年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号(2015年)
【初登場】 第16話「レンゲルの力」

【詳細】

スパイダーアンデッドが封印されたラウズカードで変身する仮面ライダー。
ピーコックアンデッドの手により、邪悪なアンデッドの力をそのまま宿す。

醒杖レンゲルラウザーを用いた格闘戦を得意とし、 カテゴリー6のカード を用いた氷属性の技を駆使できる。
また、カテゴリー10「リモート」のカードで復活させたアンデッドを使役して戦うことも得意とする。

スパイダーアンデッドが内から働きかけて操られてしまい、「暴走」することが多った。
だが、第42話にて封印されたタランチュラアンデッドとタイガーアンデッドの協力により、
解放された スパイダーアンデッドの封印 に成功してその力を沈黙させる。

必殺技は「ブリザードゲイル」、「ブリザードクラッシュ」、「ブリザードベノム」。

【活躍】

4人目の仮面ライダー。
ピーコックアンデッドにより、沈静化しなかったラウズカードが使われており、熟練した変身者でないかぎりは変身するとスパイダーアンデッドに精神を乗っ取られてしまう。

上城睦月が手にし、変身してスパイダーアンデッドに精神を乗っ取られることが続いた。
途中でギャレンの変身者候補だった桐生豪に奪われてしまう。

その後も均衡を保っていたが、ついにスパイダーアンデッドの人格が勝利し、性格の変わった上城睦月が変身するようになる。