仮面ライダーバース・プロトタイプ

「伊達明、リターン。」

【ライダー名】 仮面ライダーバース・プロトタイプ
【読み方】 かめんらいだーばーす・ぷろとたいぷ
【変身者】 後藤慎太郎(第45話)、伊達明(第46話以降)
【スペック】 パンチ力:3.5t
キック力:8t
ジャンプ力:ひと跳び45m
走力:100mを5秒
【声/俳優】 君嶋麻耶
岩永洋昭(46話から)
【スーツアクター】 永徳
押川善文
【登場作品】 仮面ライダーオーズ/OOO(2010年)
【初登場】 第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」
【テーマソング】 Reverse/Re:birth

【詳細】

試作型のバースドライバーにセルメダルを装填することで変身する仮面ライダー。
セルメダルを投入しダイヤルを回転させることでベルト中央のカプセルが展開、全身が緑色のカプセル状エネルギーに包まれ変身が完了する。

完全体になったカザリによって仮面ライダーバースが甚大なダメージを受けたことで、修理に時間がかかるために鴻上社長から後藤に提供された。

スーツの一部に赤いラインが施されているが、基本的にはバースと同等のスペックを持つ。
試作段階のため、「CLAWs」はクレーンアームとブレストキャノンしか装備できない。
強化フォームにあたるバース・デイの状態になることも不可能。

第45話の真木邸襲撃作戦にて上記の理由から後藤はプロトバースで、
里中エリカとの連携やクレーンアームとブレストキャノンを最大限駆使することで三体(メズール、ガメル、ウヴァ)と互角以上に渡り合った。
完全体となったメズールとの戦いでも変身したが、完全体の力には全く敵わずオーズラトラーターコンボ諸共散々に叩きのめされ、損傷を受ける。

第46話では手術を終え、帰国した伊達が変身。
バース(後藤)と共にガメル完全体と戦い、出力最大ブレストキャノンシュートの至近距離での同時発射もほとんど通じなかったものの、事前に恐竜グリードがガメルの人格コアにヒビを入れていたため、辛くも勝利した。

『MOVIE大戦MEGA MAX』では仮面ライダーポセイドンとの戦いでバースドライバーごと手ひどく損傷し、あえなく廃棄処分となった(パラレルと思われる『スーパーヒーロー大戦』では健在)。