仮面ライダーW なにわの美少女仮面

「リボルゥゥゥギャリーーーー!!」

【ライダー名】 仮面ライダーW なにわの美少女仮面
【読み方】 かめんらいだーだぶる なにわのびしょうじょかめん
【変身者】 亜樹子の夢の中の鳴海亜樹子&亜樹子の夢の中の左翔太郎
【ソウルサイド】 サイクロン
【ボディサイド】 ジョーカー
【スペック】 不明
【フォームチェンジ】 仮面ライダーW ヒートメタル
仮面ライダーW ルナトリガー
【声/俳優】 山本ひかる
【スーツアクター】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダーW(2009年)
【登場話】 第30話「悪夢なH / 王子様は誰だ?」

【詳細】

鳴海亜樹子が自分の夢の中でナイトメア・ドーパントと戦う際に変身した仮面ライダー。
容姿はサイクロンジョーカーだが、ソウルサイドがフィリップではなく、本来はボディサイドの(亜樹子の夢の中における)左翔太郎。
また、変身時にはたこ焼きなど大阪を連想する絵柄のエフェクトが現れ、決め台詞には彼女の象徴でもあるスリッパを手にしているのが特徴。

日頃の鬱憤を晴らすように、はたまた変身したことに興奮したのか、サイクロンジョーカーからヒートメタルにチェンジしてメタルシャフトを振り回す、ルナトリガーにチェンジしてトリガーマグナムを乱射するという攻撃。
さらには上記のハイテンションな台詞とともにリボルギャリーを突如召喚して相手を吹き飛ばすなど、実際に現実で行うと少々危ない常軌を逸したハードなアクションを起こしていた。

夢の中を支配するナイトメアにはダメージはゼロに等しく、たった一撃で敗北した。
『仮面ライダーキバ』から続いた「ヒロインの仮面ライダーの変身」はこれでストップしていたが、2013年の映画『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』ではコヨミ(オーガの手でホープウィザードリングをコアとして生み出された存在)が白い魔法使いに変身した。