仮面ライダーW サイクロンアクセルエクストリーム

【ライダー名】 仮面ライダーW サイクロンアクセルエクストリーム
【読み方】 かめんらいだーだぶる さいくろんあくせるえくすとりーむ
【変身者】 照井竜&フィリップ(想定)
【スペック】 パンチ力:不明
キック力:不明
ジャンプ力:不明
走力:不明
【基本フォーム】 仮面ライダーW サイクロンジョーカー
【その他フォーム】 仮面ライダーW サイクロンメタル
仮面ライダーW サイクロントリガー
仮面ライダーW ヒートメタル
仮面ライダーW ヒートジョーカー
仮面ライダーW ヒートトリガー
仮面ライダーW ルナトリガー
仮面ライダーW ルナジョーカー
仮面ライダーW ルナメタル
【専用武器】 プリズムビッカー、エンジンブレード
【登場作品】 仮面ライダーW(2010年)※イメージ
仮面ライダークライマックスヒーローズ(ゲーム)

【詳細】

シュラウドが想定していた最強形態。
CJXと比べると目が青く、赤い左半身にアクセルと同じ模様があるという違いがある。

CJXの検索やドーパントの能力無効はそのままに、更にアクセルの加速能力も使用できると思われる。

シュラウドはただの人間でしかない翔太郎がフィリップの進化についていけなくなると判断し、
照井竜がドーパントの精神干渉攻撃に耐性を有し(物体として出現する精神干渉系の能力に対しては有効になってしまう。)、家族を殺された憎しみを力としていたことから翔太郎よりもWにふさわしいと考え、この形態となることを望んでいたが、奮起した翔太郎とフィリップがCJXへの変身を遂げた上にシュラウドの真意を知った竜がアクセルとしてWと共に戦う決意を固めたため、実現はしなかった。

以上のように本編にはシュラウドの想像以外で登場することはなかった(おそらくスーツもなく体色や目は合成による処理)が、
ゲーム作品「クライマックスヒーローズオーズ」では使用することが可能で、プリズムソードとエンジンブレードの二刀流で戦うキャラとなっている。

【余談】

同じ複数の仮面ライダーの力が融合した戦士は2年後の仮面ライダーの劇場版で実現している。
後のスーパー戦隊シリーズにも「赤と緑の半身を持つ戦士」が登場している。