仮面ライダークウガ グローイングフォーム

雄介「変わった!?」

【ライダー名】 仮面ライダークウガ グローイングフォーム
【読み方】 かめんらいだーくうが ぐろーいんぐふぉーむ
【変身者】 五代雄介(クウガ)
小野寺ユウスケ(ディケイド)
【スペック】 マイティフォームの約半分
【フォームチェンジ】 仮面ライダークウガ マイティフォーム
仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
仮面ライダークウガ ペガサスフォーム
仮面ライダークウガ タイタンフォーム
【ライジングフォーム】 仮面ライダークウガ ライジングマイティ
仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
仮面ライダークウガ ライジングドラゴン
仮面ライダークウガ ライジングペガサス
仮面ライダークウガ ライジングタイタン
【最強フォーム】 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
仮面ライダークウガ ライジングアルティメット(ディケイド)
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第1話「復活」
第3話「超絶」(ディケイド)

【詳細】

仮面ライダークウガの素体形態。基本カラーは白。
他のフォームに比べて角が短く、ボディの形状はマイティフォームの色違い。

物語最初は変身するとこの姿になり、その理由を雄介は「戦士としての心構えが不十分だったため」と推測した。
また、他フォームの変身限界時間を経過した場合や、多大なダメージを受けた場合も このフォーム になってしまう。
このフォームのままで変身が強制解除されると、アマダムが基質変化を起こして変身が不可能になり、回復するまでには2時間を要する。

必殺技はメ・ギノガ・デ(再生体)戦において使用された跳び蹴り「グローイングキック」。
マイティフォームの約半分の戦闘力しかないグローイングフォームのキックは刻印が異なり(印を構成する線がいくつか欠けている)威力も低くなっているが、他の部分よりも回復が早かったのか足の装飾部分が赤くなったことで3度目のキックがマイティキックと同じ刻印を撃ち込み倒した。

当初は「未確認生命体2号」と呼称され、
「4号」と同一人物と判明してからは「白い4号」と呼ばれた。

ディケイドに登場した際には一瞬だったためか、グローイングフォームのスーツが用いられず、CG合成で処理された。
そのため、角は長いままであった。

【活躍】

第1話で登場。

実は不完全なクウガの姿である。
2話以降は力を最大限使った際の インターバルな形態 として登場している。

【余談】

古代のクウガは本フォームになったことはないらしく、ズ・グムン・バは角の短さ(特別編では色が白いこと)に違和感を覚えていた。

このフォームは番組開始まで存在自体が完全に伏せられていた。
玩具では「装着変身マイティフォーム」に同梱されていたが、やはり放送前は存在が隠され、玩具の紹介記事でも「秘密のおまけが付いている」とだけ語られていた。