仮面ライダーナイト

蓮「お前こそ生きろよ! ……城戸……死ぬな……死ぬなぁっ!」

【ライダー名】 仮面ライダーナイト
【読み方】 かめんらいだーないと
【変身者】 秋山蓮(龍騎)
羽黒レン(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:200AP(約10t)
キック力:300AP(約15t)
ジャンプ力:ひと跳び40m
走力:100mを4.5秒
【最強フォーム】 仮面ライダーナイトサバイブ
【召喚機】 翼召剣ダークバイザー
【契約モンスター】 闇の翼ダークウイング
【所持カード】 アドベント-ダークウイングの召喚
ソードベント-ウイングランサーの召喚
トリックベント-分身を作り出す
ガードベント-ダークウイングをを召喚してウイングウォールを発動
ナスティベント-ダークウイングの超音波攻撃
ファイナルベント-飛翔斬の発動
【登場作品】 仮面ライダー龍騎(2002年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第1話「誕生秘話」

【詳細】

コウモリ型モンスターのダークウイングと契約し、カードデッキをVバックルに装填して変身するミラーライダー。

ダークウイングによる超音波攻撃や、分身による幻惑を得意とする。
また、ダークウイングをマント状態にして纏っての防御やダークバイザーやウイングランサーなどの武器から、
「ナイト」の名の通り騎士のイメージが強く出ているライダーとなっている。

カードデッキが完成した直後にライダーとなり、「ミラーライダー第1号」と扱われており、実戦経験が豊富なベテランでカードの使いが他のライダーよりも熟知している。
だが、戦闘能力は高いものの、変身者の蓮自身が心の奥底で戦うことに迷いを持っていたためか、シザースには終始圧倒され、ライアにも敗れていた。

戦いの経験が長いため、他のライダーを苦戦させたことも多い。
必殺技はマント状態にしたダークウイングを纏い、ウイングランサーを構えて上空からドリル状態で貫く「飛翔斬」、破壊力は5000AP(約250t)。

ブランク体は限定販売されたフィギュアで存在しているが、形状は本ページで解説しているナイトと変わっておらず「ブランク色のナイト」であった。
海外版の名称は『ウイングナイト』。