仮面ライダーキバ キバフォーム

【ライダー名】 仮面ライダーキバ キバフォーム
【読み方】 かめんらいだーきば きばふぉーむ
【変身者】 紅渡(キバ)
ワタル(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:6t
キック力:8t
ジャンプ力:ひと跳び85m
走力:100mを6.5秒
【フォームチェンジ】 仮面ライダーキバ ガルルフォーム
仮面ライダーキバ バッシャーフォーム
仮面ライダーキバ ドッガフォーム
仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
【特殊フォーム】 仮面ライダーキバ ドガバキエンペラーフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
【声/俳優】 瀬戸康史
深澤嵐
比嘉久美子
【スーツ】 高岩成二
永徳
金田進一
【登場作品】 仮面ライダーキバ(2008年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場話】 第1話「運命・ウェイクアップ」
【テーマソング】 Destiny's Play

【詳細】

全身から溢れる魔皇力をカテナと呼ばれるルシファーメタルにトライシルバニア銀をコーティングした鎖で抑制した『黄金のキバ』基本形態。

専用武器を使用せず、素手での格闘を中心とした戦闘スタイルを取るが、能力のバランスが取れているため汎用性に優れる。
吸血鬼をモチーフとしているためか、逆さ吊りになっての奇襲攻撃も得意。
基本カラーは赤、複眼にあたる部分は黄色。

闇のキバの鎧は高すぎる性能のあまり使いこなせる者が非常に少なく、
危険性も高かったため最初から力を抑制し安定した性能を発揮出来るよう調整が施されている。

全身を覆うインナースーツは「ドランメイル」と呼ばれ、黒龍「ガオーラ・ドラン」の皮をなめして作り上げたもので、耐熱、耐寒、耐衝撃性に優れている。
表面に這うブラッドペセルによって全身に魔皇力を分配し超人的な身体能力を着用者に与える。

また、右足には宙、地、水の精霊が宿ると言われる極大の魔皇石三つが用いられた「ヘルズゲート」と呼ばれる部位があり、配置された魔皇石が生み出す魔皇力をフルで使用するにはとてもリスクが高い。
そのため、カテナを含めより強固な封印が施されキバの闘争本能の高ぶりによって徐々に封印を緩め、キバットの吹く「ウエイクアップフエッスル」の力を持って一時的に全開放される。

その際、右足の筋力はスペックの四倍近くにまで膨れ上がり、これを用いたキック技が30tの破壊力を誇る「ダークネスムーンブレイク」。
この技を受けたファンガイアは足裏に備えられた魔斬口と呼ばれる器官から放出される膨大な魔皇力をもろに受けると、キックの凄まじい衝撃と合わせて体組織がガラス体を通り越し砕け散る。