仮面ライダーダークカブト マスクドフォーム

【ライダー名】 仮面ライダーダークカブト マスクドフォーム
【読み方】 かめんらいだーだーくかぶと ますくどふぉーむ
【変身者】 擬態天道総司
【スペック】 パンチ力:8t
キック力:10t
ジャンプ力:ひと跳び20m
走力:100mを8.8秒
【キャストオフ】 仮面ライダーダークカブト ライダーフォーム
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2005年)
【初登場】 第39話「強敵黒カブ」

【詳細】

ダークカブトゼクターをライダーベルトにセットし発動したダークカブトの第一形態。

全身がヒヒイロノカネと呼ばれる未知の金属で構成された鎧に覆われており、防御力や攻撃力に特化している。
キャストオフすることでライダーフォームになるが、任意でアーマーを戻すことも可能。
スペック上、こちらのほうが肉弾戦に長ける。

姿はカブトと瓜二つだが、複眼の色が異なる。

ゼクトクナイガンを持ち、それを用いた必殺技が二つあり、イオンビームで打ち抜く「アバランチシュート」、高熱化したバヨネットアックスで両断する「アバランチブレイク」の二つ。クナイモードで使用することはない。