仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム

「最初に言っておく!俺はかーなーり強い!」

【ライダー名】 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム
【読み方】 かめんらいだーぜろのす あるたいるふぉーむ
【変身者】 桜井侑斗
【声/俳優】 中村優一
【スーツアクター】 伊藤慎
藤井祐伍
【スペック】 パンチ力:5t
キック力:7t
ジャンプ力:ひと跳び35m
走力:100mを5秒
【素体形態】 仮面ライダーゼロノス プラットフォーム
【フォームチェンジ】 仮面ライダーゼロノス ベガフォーム
仮面ライダーゼロノス ゼロフォーム
【登場作品】 仮面ライダー電王シリーズ(2007年)
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号(2015年)
【初登場話】 第20話「最初に言っておく」
【テーマソング】 Action-ZERO

【詳細】

ゼロライナーを所持する桜井侑斗がゼロノスベルトとゼロノスカードを使用して変身した仮面ライダー。

侑斗本人のオーラを変換したアーマーを装着し、頭部に牛を模した電仮面がゼロレールを装甲し、定位置でコンバインし変身が完了する。

この姿は電王のプラットフォームに該当する形態(しかしながらゼロノス自身のプラットフォームも別個で存在しているので、厳密には電王のライナーフォームやNEW電王のストライクフォームと同じような位置付けとも考えられたりもする)で、イマジンを憑依させずに戦うが、電王とは異なりゼロノスとしてのシステムの関係上、この姿でも頭部には電仮面を装着、戦闘力もプラットフォームに比べ遥かに高く、イマジンの撃破数も多い。

腰のハードポイントに分離した状態で装着したゼロガッシャーを状況に応じて組換戦闘に用いる。
遠距離戦闘用のボウガンモードと近距離戦用のサーベルモードを使い、身軽な動きを生かした戦闘を得意とする。
また、侑斗と契約したデネブが憑依することで、ベガフォームとなる。

未来の侑斗本人も変身し、ゼロフォームと共闘した。
この形態で装着するアーマーのほぼ全てが実は既にプラットフォームに変身した段階で構築されている(電王の場合ならフォームチェンジでは必ず上半身の装甲も交換される)ので、プラットフォームとこのアルタイルフォームとの明確な違いは「(アルタイル専用の)電仮面が頭部にあるかどうか」だけだったりする。

必殺技はゼロノスカードのエネルギーをフルチャージして放つサーベルモードの「スプレンデッドエンド」とボウガンモードの「グランドストライク」。
技が決まった場合、相手の体にAの文字が刻まれるのが特徴。