仮面ライダークウガ タイタンフォーム

邪悪なる者あらば、鋼の鎧を身に付け、地割れの如く邪悪を斬り裂く戦士あり

【ライダー名】 仮面ライダークウガ タイタンフォーム
【読み方】 かめんらいだーくうが たいたんふぉーむ
【変身者】 五代雄介(オリジナル)
小野寺ユウスケ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:7t
キック力:10t
ジャンプ力:ひと跳び10m
走力:100mを7.2秒
【フォームチェンジ】 仮面ライダークウガ グローイングフォーム
仮面ライダークウガ マイティフォーム
仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
仮面ライダークウガ ペガサスフォーム
【ライジングフォーム】 仮面ライダークウガ ライジングマイティ
仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
仮面ライダークウガ ライジングドラゴン
仮面ライダークウガ ライジングペガサス
仮面ライダークウガ ライジングタイタン
【最強フォーム】 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第10話「熾烈」

【詳細】

大地の力を宿す「紫のクウガ」と呼ばれる形態。
驚異的な腕力と、アーマーが変化した生体鎧により絶対的な防御力を有する。

「鎧に覆われていない部分は弱い」と表記している資料もあり、劇中ではメ・ガリマ・バの鎌を鎧の無い部分に当たっても無傷だった一方で、メ・ビラン・ギの噛みつきを鎧のない上腕に当たってダメージを負ったこともあった。
一方で「鎧は損傷してもすぐに修復される」とする資料もあるが、劇中では損傷しても修復はされなかった。

高い防御力を活かして敵の攻撃をよけもせず淡々と歩み寄る姿が印象的なフォームで、全フォーム中機動力は最も低い。
だが、決して鈍重ではなく、あくまで五代雄介がそういう戦法を取っているだけであり、
ディケイドに登場する小野寺ユウスケの変身するクウガのようにある程度素早く動くことも可能。

「貫く物」をイメージさせる物質をつかむことで「ハンドコントロールリング」を用いて再構成した「タイタンソード」を武器とし、一撃必殺の強力な斬撃を得意とする。

必殺技はタイタンソードで相手を貫き直接封印エネルギーを流し込む「カラミティタイタン」。

このフォームからライジングパワーによって強化されたフォームはライジングタイタンと呼ばれる。