仮面ライダーディケイド 最強コンプリートフォーム

「ハイパー、シャイニング、ブラスター、アームド、サバイブ、キング、ライジングアルティメット、エンペラー、スーパークライマックス、ファイナルカメンライド・ディケイド!」

【ライダー名】 仮面ライダーディケイド 最強コンプリートフォーム
【読み方】 かめんらいだーでぃけいど さいきょうこんぷりーとふぉーむ
【変身者】 門矢士
【スーツアクター】 高岩成二
【スペック】 パンチ力:12t
キック力:16t
ジャンプ力:ひと跳び50m
走力:100mを4秒
【基本フォーム】 仮面ライダーディケイド
【登場作品】 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010(2009年)
仮面ライダーウィザード(2013年)

【詳細】

仮面ライダーディケイド コンプリートフォームがアップデートを果たした最強形態。
胸部の ヒストリーオーナメント には対応するライダーの最強形態のライダーカードがセット(クウガはライジングアルティメット、電王は超クライマックスフォームに変更)されている

周囲にいるクウガ~キバの平成9ライダーを 各々の必要条件を無視して 最強フォームに強化変身させる能力がある(例えば龍騎であればサバイブカードの読み込み、キバならタツロットによるカテナの解放など)。

『ディケイド完結編』でドラスとの最終決戦の際に変身。
集結していた周囲の平成ライダーを最強形態へと強化変身させ、強敵のドラスを倒した。

その後、『仮面ライダーウィザード』最終話に登場した際はヒストリーオーナメントにセットされているライダーカードの1枚が、集結したライダーの最終形態に応じて『電王』TVシリーズにおける 最終形態のライナーフォーム となっている。