仮面ライダーG3-X

【ライダー名】 仮面ライダーG3-X
【読み方】 かめんらいだーじーすりーえっくす
【変身者】 氷川誠、北條透、津上翔一(アギト)
小野寺ユウスケ、海東大樹、警察官(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:2.5t
キック力:7.5t
ジャンプ力:ひと跳び20m
走力:100mを8秒
【基本フォーム】 仮面ライダーG3
【声/俳優】 要潤
山崎潤
賀集利樹
栗原功平
戸谷公人
村井良大
【スーツ】 伊藤慎
永徳
【登場作品】 仮面ライダーアギト(2001年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第23話「資格ある者」

【詳細】

アンノウンの戦闘で得た仮面ライダーG3の運用データを元に、システム面から全てを見直して開発された特殊改造服。

決め手に乏しく苦戦も多かったかつてのG3を遥かに上回る性能を秘め、アンノウンに対しても有効な戦闘力を獲得。
最大の特徴はスーツ自体にAIを搭載することにより経験を積んで学習する「生きたスーツ」なのだが、
AIがその場に応じて有効な手立てを装着者に強制、人体にかかる負担が非常に大きく、最悪戦闘力を損なうことに繋がってしまう欠点がある(この欠点は先に開発されていたG4システムに似たシステム)。

完成直後はG3の装着者であった氷川はこのスーツを着こなすことが出来ず、「仙人の境地」に達している津上翔一が使いこなすことが出来た。
後に「AIを制御するチップ」を搭載したことで氷川でも使いこなすことが出来るようになり、重火器を用いた高い戦闘力を発揮できるようになった。

さらなる力を覚醒させていくアギト達には一歩劣る面が見られ、
苦戦も多かったが最終回では高位アンノウンに対し互角以上の戦闘を繰り広げている。

AIを制御しているとはいえ装着者に強いる負担は大きかったのか、
終盤では装着者の氷川は失明の危機に陥る(井上脚本作品での2号ライダーに見られる展開でもある。)。

単独での決め手はGX-05 ケルベロスの掃射。
また、GXランチャーから放たれるケルベロスファイヤーではアギトのライダーキックと同等の火力を誇る。

口部パーツは「パーフェクター」、ヘルメット部は「レッドアイザー」という名前が付いている。2つの名称は仮面ライダーXの変身アイテムと同じ名称で、同ライダーへのオマージュとなっている。