仮面ライダージョーカー

「俺は仮面ライダー…ジョーカー」

【ライダー名】 仮面ライダージョーカー
【読み方】 かめんらいだーじょーかー
【変身者】 左翔太郎
【ガイアメモリ】 T2ジョーカー/ジョーカー
【スペック】 パンチ力:1.25t
キック力:3t
ジャンプ力:30m
走力:6.2秒
【声/俳優】 桐山漣
【スーツアクター】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダーW(2010年)
仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(2010年)
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX(2011年)
平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊(2014年)

【詳細】

左翔太郎が「T2ジョーカーメモリ(T2が消失したため、運命のガイアメモリ以後の登場時はジョーカーメモリ)」と「ロストドライバー」を用いて変身した仮面ライダー。
その姿はWのFFR形態・ジョーカージョーカーに酷似している(相違点はセントラルパーテーションも真っ黒で、ベルトがロストドライバーとなっている部分)。

ジョーカーメモリの特性「身体能力の強化」を最大限に生かし、格闘戦主体で戦う。
スペックこそサイクロンジョーカーの約半分程度しかないが、
その力は実戦でフルに発揮され、数値では測れない強さを発揮。

初登場は劇場版だが、TV版最終回でもフィリップが消滅し、1人になった翔太郎がロストドライバーを用いて変身しドーパントと戦っている。
その後、フィリップは復活したが、検索に夢中になるなどしてWへの変身を拒否する場合があり、その際に翔太郎はこの姿に変身して戦う。

小説やゲーム版では更に「仮面ライダーサイクロン」というフィリップが単独変身した個体もいる。

必殺技はジョーカーメモリのマキシマムドライブを発動させて放つ「ライダーキック」や「ライダーパンチ」。
それぞれ右腕と右足に紫色のエネルギーを集中させ発動している。

【活躍】

『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』にて初登場。

単独となった翔太郎が変身、NEVERの変身したドーパントと対峙していく。
フィリップが諸事情でいなくなった後も単独で使っており、ドーパントと戦っていたらしい。

フィリップ復活後はフィリップの拒否権などが発動するとこの形態に変身することが多くなった。

【余談】

翔太郎役の桐山漣氏が同じく黒い戦士の仮面ライダーBLACKのファンであり、その部分がオマージュされている。