仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム

「G4、リュウガ、オーガ、グレイブ、歌舞鬼、コーカサス、アーク、スカル、ファイナルカメンライド・ディエンド!」

【ライダー名】 仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム
【読み方】 かめんらいだーでぃえんど こんぷりーとふぉーむ
【変身者】 海東大樹
【声/俳優】 戸谷公人
【スーツアクター】 永徳
【スペック】 パンチ力:14t
キック力:16t
ジャンプ力:ひと跳び60m
走力:100mを3.5秒
【基本フォーム】 仮面ライダーディエンド
【登場作品】 超電王トリロジー EPISODE YELLOW(2010年)

【詳細】

仮面ライダーディエンドが黒崎レイジの手により専用のケータッチ(シアンカラー)を入手することで、8体のライダーの紋章ボタンをタッチしファイナルカメンライドを果たした最強形態。

大幅に強化された身体能力、
劇場版に登場したライダー8体を召喚する力を持つ(だが、電王作品は省かれている)。

容姿は「ディケイド コンプリートフォーム」と同様。
胸部のみは異なる。

必殺技は「アタックライド・ゲキジョウバン」により召喚したライダー達の必殺技とあわせて放つ「強化ディメンションシュート」。
同じように顔を寄せ集めたような形態の仮面ライダー電王 クライマックスフォームからは「何だ、その格好?」と呆れられていた。

ケータッチの紋章、及び召喚する劇場版のライダーは以下の8体。

【活躍】

『EPISODE YELLOW』に登場。

人工イマジン・イブが暴走して掌握したG電王との戦いで登場。
8人の劇場版ライダーと共に必殺技でG電王を倒した。