ライオトルーパー

【ライダー名】 ライオトルーパー
【読み方】 らいおとるーぱー
【変身者】 オルフェノク
【スペック】 パンチ力:2t
キック力:4t
ジャンプ力:ひと跳び25m
走力:100mを6.5秒
【登場作品】 仮面ライダー555(2003年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第47話「王の出現」

【詳細】

量産型のベルト「スマートバックル」を着用したオルフェノクが変身する強化スーツ。
量産が効くので数が非常に多い。

性能はベースとなったライダーズギアよりも劣っており、ライダーズギア最大の特徴たるフォトンストリームは使用されていない。
フォトンブラッドは全く使われていないか、ほとんど使用していないものと思われる。
どちらかと言うと「強化スーツ」に近い存在で、その能力も装着するオルフェノクに依存する。

フォトンストリーム以外にも、ファイズを筆頭とする各種ライダーズギアは大きなダメージを受けた場合自動的に変身が解除されるが、
ライオトルーパーは劇中では変身した状態のまま、スーツの内部で灰化したオルフェノクの亡骸があるので、安全装置も恐らくはオミットされている。

変身ツール・スマートバックルを操作することで、軍事衛星イーグルサットから転送、装着される。
TV版ではバックルに描かれた社章を倒すことで起動し、劇場版では胸元に手を持っていくことで変身していた。
また、胸元の社章には特殊な薬品が内蔵されており、装着者がスマートブレインを裏切った場合、装着者を灰化させてしまう(上記の変身した状態のままスーツ内部で灰化していた装着員もこの装置の作動によるものという可能性がある)。

劇中ではオルフェノクしか変身しておらず、人間でも変身できるかどうかは不明。

専用ツールとして、オートバジンの簡易量産型バイク「ジャイロアタッカー」に騎乗する。
変形機能を廃止、純粋にバイクとして再設計したことで機動性をあげつつコストを削減することに成功しており、劇中でも多くのトルーパーが騎乗して戦っていた。

また、劇場版限定ではあるものの量産されたサイドバッシャー、及びディレクターズカット版ではジェットスライガーも使用していた。

ジャイロアタッカーのハンドグリップは取り外すことで2つの形態を持つ「アクセレイガン」として使用でき、
光弾を放つガンモードと、コンバットナイフ状の刃を持つブレードモードを使い分けることができる。

ガンモード時はアクセレイガン内部に予め内蔵されたフォトンバンクと呼ばれる貯蓄用タンクからフォトンブラッドを弾丸として濃縮し発射に用いている。
このフォトンバンクはカートリッジ式であり、バーストモードとライフルモードを切り分けることが可能だが、
バーストシューティングでは1200発、ライフルシューティングでは 300発の射撃で内蔵のフォトンブラッド がなくなってしまう。
ライフルモード時には濃縮フォトンブラッド弾を溜め撃ちすることで命中率や破壊力を増大させた射撃が可能。

また、ブレードモード時には刀身が高速振動し、更に1000度もの高温を放ち対象物を切り裂く。
ファイズエッジなど、物理的に切り裂くのではなくエネルギーの放出により切り裂く武器が多いファイズの仮面ライダーとしては珍しいタイプの武器である。

『ディケイド』では仮面ライダーディエンドがカメンライドで召喚するライダーとして3人編成で登場。