仮面ライダークウガ アメイジングマイティ

【ライダー名】 仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
【読み方】 かめんらいだーくうが あめいじんぐまいてぃ
【変身者】 五代雄介
【スペック】 パンチ力:不明
キック力:不明
ジャンプ力:不明
走力:不明
【基本フォーム】 仮面ライダークウガ ライジングマイティ
【最強フォーム】 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
【初登場】 第46話「不屈」

【詳細】

ライジングフォームすら全く通じないゴ・ガドル・バ電撃体を倒すのに、更なる力を求めた五代雄介が再び仮死状態になり、
もう一度電気ショックを受けたことで仮面ライダークウガ ライジングマイティから更にアマダムの覚醒が進み変身した形態。

漆黒のライジングマイティ、といった姿でパワーは更に高まっている。
右足だけでなく左足にもマイティアンクレットが出現、
封印エネルギーを込めて放つ両足キック「アメイジングマイティキック」は約75tの破壊力を有し、この技を受けた相手は激しい火柱を上げて爆散する。

体色が黒くなるのはアルティメットフォームに近付いたということで、劇中それに気付いた雄介は戦慄していた。
だが、この力ですら「究極の闇をもたらす者」ン・ダグバ・ゼバには全く敵わず、全身がボロボロとなっており、
雄介はアルティメットフォームへの変身を決意することになる。

このフォームは番組制作側がスポンサーや雑誌社などには秘密裏に用意したサプライズ的な存在。
番組登場直前に発売された講談社の児童誌「テレビマガジン」では、スモークをかけたスチール写真で僅かに紹介されていた。

一方小学館の児童誌「てれびくん」の同月号では一切触れられていなかったが、
抽選プレゼント景品として「ライジングマイティ・ブラック版」のソフトビニール人形が用意された(アンクレットは右足にしか付いていない)。
放送終了後に発売された玩具では「アメイジングマイティフォーム」と表記されているが、設定名はあくまで「アメイジングマイティ」で、「フォーム」とは付かない。